【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

NHKアナウンサーの守備範囲
ビデオに眠っていた「小学生将棋名人戦」を見ました。

子どもらしい「勇み足」や「うっかり」などがありましたが、
一方であれだけ「手が良く見える」というのはやはり驚きです。
ほそぼそと実力アップを願いながらも、全然手が見えない、
そんな私のようなオジサンにはうらやましい限り。

1つだけ残念だったのがNHKのアナウンサー。
将棋をどの程度知っているのかは分かりませんが、
4人の小学生・両親にインタビューする切り口がどれも画一的で
ちっとも個性を引き出せていませんでした。
特に関西の子はキャラが良かっただけに、もっといろいろ引き出して欲しかった。


NHKには数百人のアナウンサーがいますが、
民放に比べてものすごく守備範囲が広いのは確かです。

たとえば「NHK杯」と名のつく試合だけでも、

NHK杯テレビ囲碁トーナメント
NHK杯テレビ将棋トーナメント
NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
NHK杯体操選手権
NHK杯スキー大会
NHK杯ジャンプ大会
NHK杯全日本カヌースラローム競技大会
NHK杯全日本選抜ボウリング選手権大会
NHK杯全国中学校放送コンテスト
NHK杯全国高等学校放送コンテスト
NHK全国大学放送コンテスト
NHK全国学校音楽コンクール
NHKマイルカップ(競馬)   (※Wikipedia-NHK杯より抜粋)

このような数多くのジャンルをカバーしています。
どの試合もテレビ放送され、アナウンサーが番組を進行します。
オリンピックの際も「よくこんなマイナーな競技を理解してるなあ・・・」と
感心するほどです。

だからこそ、将棋を担当するアナウンサーが
「将棋を打つ」みたいな初歩的な言い間違いをすると
将棋ファンとしては、何とも残念な気持ちになってしまうのです・・・
(★正確には将棋は「指す」、囲碁は「打つ」です)
スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/05/24 20:00】 | 放送局の気になる実態 | トラックバック(0) | コメント(1) 
tags:【体験談】

<<アクセスの少ないブログは、視聴率の低い番組と同じ? | ホーム | 放送局に/放送局から 転職したい方へ>>
コメント
同業者です。
はじめまして。
一点だけ…

〉将棋は「指す」
これは良いのですが、
囲碁を「打つ」とは言わないのでは?
囲碁の意味自体が「碁を打つこと」なので。

一応、言葉を商売とするもの同士としての
指摘でした。
【2009/07/04 23:39】 URL | しーか #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/149-d0940952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。