【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

名将に「自分の限界と人生の意義」の相関性を学ぶ
先日書いた受験生のお話のつづきです。

   ◆大学受験の小論文は「論理構成力」に尽きる
   http://anaguma1.blog98.fc2.com/blog-entry-288.html


3回ほどの指導で小論文はどうにか形になってきました。
・・・まずはひと安心。

来週の今ごろ彼は前期試験に臨むのですが、それはあくまでも練習。
本番は来年の春、難関医学部へのチャレンジです。
少なくとも現段階で、彼の得点は決して高くありません。
周囲の17-18歳と同じ方法を採用して、同じように努力していては
差を埋めるのに大変な時間と労力がかかるだろう
と思うのです。


つまり、何か「工夫」をするしかありません。


この年(33歳)で「受験勉強」というタスクについて
真剣に考えることになろうとは思ってもみませんでしたが、
要するに私の見立てでは

[1]学ぶべき知識の範囲の中で重要度の高いものを選びとる(情報選択)
[2]ただ公式化するのでなく、文脈をともなって理解する(読解)
[3]情報を脳に記憶させる+効率的に引き出せるよう訓練する(記憶処理)
[4]問題を読み、求めるテーマと必要な情報を記憶から引き出す(読解)
[5]ミスなく短時間で、正しい解を求め書き出す(スピード&正確性)

この5つが受験勉強に重要なプロセスです。
[1]-[3]は事前学習、[3]-[5]は実戦(テスト)ですね。

彼の場合、それぞれの基礎能力は十分あると思います。
しかし、これまで各プロセスにかけた絶対的な時間、
つまり努力が足りない。特に[1][3][4]が少ないのです。
(諸事情で学校に行けない時期もあったとのこと)


そこへ

「睡眠時間を5時間に減らす」

というアイデアが出てきました。
彼の体を慮ると(どうかな?)と心配になる部分もあるのですが、
状況を打破するのに「爆発的な何か」が必要なのも事実です。

睡眠時間を減らせば、当然ながら
1日にできることの範囲が広がります。
ひいては「自分の限界点」を広げることにもつながるでしょう。
ただ「やりすぎ」は禁物です。
睡眠を2割削っても、脳の回転が2割落ちるのでは意味がありません。


・・・ふと、イビチャ・オシムのことを思い出しました。

日が暮れるまでグラウンドにいて、
夜はヨーロッパのサッカー中継を研究して、
ちょっと寝たら、また朝が来て。
24時間サッカーのことを考え続けていた監督です。

ジェフの監督になった時、彼は就任の挨拶もなしに
初日から選手をひたすら走らせる過酷なメニューを与え
気が付けばチームは強くなっていたという話があります。

「限界を作るな。走れ」

とにかくタフでストイック。
それでいて叡智に富んだオシムの生き方は
私に衝撃を与えたのでした。

『オシムの言葉』(木村元彦著/集英社)より引用

2004年8月1日対レアル・マドリード戦後
「レアルと違い、ジェフは今いる選手で戦っていかなければならない。人生もそう。自分たちが歩むべき道を探していかなければならないのだ。日常生活の中で、平坦な道のりはない。上に上がってゆくには何らかの危険を冒し、何かを犠牲にしなければならないのだ」
(P148より抜粋)

「守るのは簡単ですよ。作り上げることより崩すことは簡単なんです。家を建てるのは難しいが、崩すのは一瞬。サッカーもそうでしょう。攻撃的ないいサッカーをしようとする。それはいい家を建てようとする意味。ただ、それを壊すのは簡単です。戦術的なファウルをしたり、引いて守ったりして、相手のいいプレーをブチ壊せばいい。作り上げる、つまり攻めることは難しい。でもね、作り上げることのほうがいい人生でしょう。そう思いませんか?」
(P200より抜粋)



得るものがあれば失うものもあるかもしれない。

とにもかくにも、17歳の若者は
自分の限界を広げることに決めたようです。

私はどうなんだろう?
「オシムの言葉」を読みながら考え込む夜。


スポンサーサイト
【2009/02/19 22:45】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【おすすめの本】 【名言】

目からウロコの「アイデア」論。
He said that "ideas" are something which solves multiple issues at once.


最近、頭の中でなんか引っかかってるこの言葉。

どこからリンクを拾ってきたか忘れましたが、
ほぼ日で今をときめく任天堂の岩田社長と糸井さんが対談してる
ちょっと古めの記事を見つけたのです。

任天堂の岩田社長が遊びに来たので
みんなでご飯を食べながら話を聞いたのだ。
(ほぼ日)
http://www.1101.com/iwata/index.html

(第1回から引用)
糸井:複数の問題を解決させるんじゃなくて、一個だけ解決していいんだったら、それは、簡単なんですよね。

岩田:簡単です。

糸井: (隣の席の佐藤と向かいの席の永田を指しながら)つまり、佐藤くんの命が危ないというときにさ、代わりに永田くんが死んじゃうような方法ならわりと簡単に思いつけるんですよ。余裕のある企業や組織ほど、そういう解決法を選んでしまってダメになるんです。一個ずつは解決できるっていうときに、しらみつぶしに解決しちゃうんですよ。まず、佐藤くんを助けて、「あ、永田くんが危ない」というので今度は永田くんを助けてっていうふうに‥‥。

岩田:無限に手間とエネルギーをかけちゃうんです。

糸井:そうなんですよね。

岩田:「多かったら少なくしよう」「足りなかったら増やそう」というふうに、いま起こってる事象をそのまましらみつぶしに解決していくのは、誰でもできることだし、工夫もいらない。

 たとえば、ある料理店で、お客さんが出てきた料理について「多い」と言ってる。そのときに、「多い」と言ってる人は、なぜ「多い」と言ってるのか。その根っこにあるものは、じつは「多い」ことが問題じゃなくて、「まずい」ことが問題だったりするんです。

一同:あーーー。

岩田:だから、本当はたいして多くもないのに、「多い」って言われた問題だけを見て、「まずい」ことに目を向けられなかったら、量を少なくしたところで解決にはならないんです。本当の問題が「まずい」ことだとしたら、「まずい」ことを直さないと、「多いから少なくしました」というのは、一見解決してるようで、じつはなにも解決してない。



冒頭の言葉は、スーパーマリオを生み出した宮本茂さんが発した
「アイデアというのは、いくつもの課題を一気に解決するものだ」
という言葉を英訳したものです。
※なぜ英訳かと言いますと、この対談はすべて(なぜか)英訳されていて
私は今、通勤電車の中で1日1節ずつこの対談を英語で読んでるからなのですが。


「いくつもの課題を一気に解決できる、たった1つのアイデア」
と言葉で書くだけでなるほどとは思うのですが、それよりも痛かったのは
糸井さんが指摘してる
「Aが危ないと思ったらBを犠牲にしてAを助けて、その後“Bが大変だ”って・・・」
という大企業の体質。

全くもっておっしゃる通り。
身につまされます。


この文章を読んだのが1週間前なのですが、
ずーっと引っかかってるんですよね。
自分が今まで「アイデア」と読んできた物たちの
いったい何割がこの要件を満たしているんだろうか?って。

もしかしたら。
すごく「アイデア不足」な人間なのかしら?私ってば・・・。
【2009/02/14 20:58】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【名言】

印象深い小泉元首相の信念「データじゃ政治はできない」
民主党のエントリを書きながら思い出したのが
先日紹介した『プロフェッショナル広報戦略』(世耕弘成著)の1シーン。

「データに基づく理論的な広報戦略を導入したい」
と世耕議員が自民党幹部にアプローチをかけたんだけど、
なかなかうまくいかなったよ、というお話の中でのエピソードです。

 一度だけ、勝負を賭けたことがある。結局は実現しなかったが。田中外務大臣を更迭し、支持率が急落したときのことだ。
 私は今度こそ官邸広報改革プランを総理に聞いてもらえるチャンスだと思い、プレゼンテーション資料をまとめ、秘書官にそれなりの時間を作ってもらった。一緒に食事をしながら、総理に対してプレゼンしたのである。
 官邸予算の一部を使い、コミュニケーション戦略チームの部屋を作る。そこにメディア対応の専門家を常駐させ、世論調査をしたり、全国のテレビや新聞、雑誌をモニタリングする。
 毎日様々な問題が発生する中で、総理が番記者に対してどう答えたらよいかを、世論長などのデータに基づいて、そこで組み立てていく。プロの人材を5、6人集めてチームを組んでやれば、とてもいい広報ができる。
 年間予算1億円くらいで可能という企画書である。総理も今回は私の話をじっくり聞いてくれた。しかし最後にこう言った。

 「つまりデータを使うってことか?データを使うってのはね、君、ダメだ。それじゃあ、田中さんを更迭はできないんだ。データを使ったら、世論が反対なのはわかるわけだろ?できないじゃないか。政治はそういう問題だけじゃないんだ。直感とか、信念とか、自分で決断しないといけない。データじゃない。企業と違うんだ。だからこれは使えない」

 福田康夫官房長官や安倍晋三官房副長官は私の提案に理解を示してくれたため、官邸への説明は続けるものの、総理がその気にならないことには話が進まないことはわかっていた。


ここ最近の私は、いくつもの案件が交錯していて
これもやらなきゃあれもやらなきゃ。あっちを立てればこっちが立たず。
自分のやることは全然減らずに増えてゆく、いわゆる「悪循環」なのですが
やはりトップに立つ政治家というのは、考え方も独特ですね。

直感、信念、決断。

・・・ううむ。
自分が仕事でこれを発揮するには、時期尚早な気がしますわ、正味な話。



【2009/02/06 21:51】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【名言】 【おすすめの本】

私たちは確実に「歴史」を作り続けている
オバマ大統領の就任式。

なぜ彼の言葉は、これほどまでに人を奮い立たせるのでしょう?
なぜ250万人ものアメリカ国民が極寒の中で祝福したのでしょう?


スピーチを読んでみると、それは

「歴史を作る人類」としての矜持

なのかなぁ・・・?と感じました。


◆オバマ大統領就任スピーチより
(あなぐまが感銘した部分を抜粋。かなりの意訳ですのでご注意を)

Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America - they will be met.
 今日、私は皆さんに告げる。私たちが直面している試練は真実だ。問題は深刻で、あまりに数が多い。解決は簡単ではないし、時間もかかるだろう。だけどアメリカはそれが解決されることを知っている。

On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord. On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn out dogmas, that for far too long have strangled our politics.
 今日、私たちは、恐怖よりも希望、不一致による紛争よりも目的を等しくする団結を選んだからこそ、ここに集まった。だから今日、宣言しよう。これまで政治を長いこと混乱させてきた、実行されない約束や小さな不満、使い果たされた独断(ドグマ)をやめよう。

(中略)

What is required of us now is a new era of responsibility - a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation, and the world, duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.
 私たちに求められているのは「新しい責任の時代」だ。自身に、国家に、世界に対して「義務」があることを、そして全てのアメリカ人がそんな時代の一部を担っていることを認識しよう。イヤイヤではなく、喜んでその義務を引き受けよう。難しい任務に全てを捧げて立ち向かうことほど、自らの個性を定義づけ、精神を満たすものはないと、私たちは知っているのだから。

This is the price and the promise of citizenship. This is the source of our confidence - the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.
 これは市民の代償であり約束なのだ。そして私たちの自信の源なのだ。神は、私たちに不確かな運命を自らの手で形作るよう啓じている。

(中略)

So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:
 私たちは誰なのか?どれほど長い旅をしてきたのか?その記憶とともに今日のこの日を標そう。アメリカ誕生の年、愛国者の小さな一団は、厳しい寒さの中、凍てついた川のほとりで焚き火に身を寄せ合った。首都は見捨てられ、敵軍は進み、雪は鮮血で染まった。「私たちの革命は成果を結ばないのか?」そう思われた時、建国の父はこの言葉を人々に送った。

"Let it be told to the future world...that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet [it]."
「酷寒の中、希望と美徳だけが生き残った。
   ともに危機を迎えた街が、国が、前に進んで立ち向かった」

そんなふうに未来の世界で語ってもらおうではないか、と。

America. In the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words. With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. Let it be said by our children's children that when we were tested we refused to let this journey end, that we did not turn back nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.
 アメリカよ。今、共通の危機に瀕し、厳しい冬に直面する私たちに、どうかこの永遠の言葉を思い出させてください。再び訪れた冷たい流れに、希望と美徳をたずさえ、どうか私たちを奮い立たせて下さい。嵐に絶える力を下さい。

 私たちの子孫に、こんな風に語ってもらおうではありませんか。

「試練の時も、人々は旅を終わらせる事を拒み、後戻りせず、たじろぐこともなかった。
地平線のかなたを見つめ、神の祝福をいただき、
(建国の父から受け継いだ)自由という名の偉大な贈り物を、
未来の世代へと安全に送り届けたのだ」と・・・。



もちろん、ただ諸手をあげて
アメリカの熱狂に賛同するだけでは不十分だと思います。
危機はもう到来していますし、さらに大きな危機が訪れるかもしれません。

しかし「希望の灯」を心の中に絶やさず前に進み続けることは
人類の責務ではないのか?とこのスピーチを聞いて考えました。


私たちが人類の歴史を終わらせるわけにはいかないのです。
シニカルに他人の無知や行為を挙げへつらい、
自分は声高に欲と権利を主張するだけの日本では
明るい未来はやって来ないような気がします。

ずいぶん大それたことを書きましたが、本音です。


※ところで「パウエルクライシス」が間もなくです。
どんな経済危機が訪れるのでしょうか?
早ければ日本時間21日夜のニュースで何か情報が出るかもしれません。
・・・戦々恐々です。



"The problems will always be there and theres going to be a crisis which will come along on the 21st, 22nd of January that we dont even know about right now. So I think what the President has to start to do is to start using the power of the oval office and the power of his personality to convince the American people and convince the world that America is solid, that America is going to move forward, we are going to fix our economic problems, were going to meet out overseas obligations."

(あなぐま訳)1月21日、22日、我々が過去も現在も認識していない危機がやってくるだろう。大統領はみずからの権限と資質を活かし「アメリカは強固で、今後前進していくであろうこと」「これまで同様、世界的義務を果たし、経済問題を解決するだろう」アメリカの人々・世界中の人々に納得させるべきだ。
【2009/01/21 20:21】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ニュース】 【名言】

Our life is a journey
本日は公私共に疲労のピーク。

こうバタバタと毎日が過ぎ去っていくと
「あれ、自分は何をやってるんだっけ?」とつい見失ってしまいますね。
ちょっと息抜きが欲しいところです。

週末はものすごく冷え込むとのこと。
ここらへんでカゼなどひいてしまわぬよう、
胃腸の強化に努めます。(笑


TSUYOSHI TAKASHIRO -BLOG-
http://blog.honeyee.com/ttakashiro/archives/2009/01/19/post-111.html

高城剛さんって仕事はいろいろと幅広いけれど
イマイチ何を生業とする人なのか分からず
「ナンなんだこの人?」と思っていました。

でもこの結婚報告の文章は素直に「素晴らしい!」と感じました。
きっと世間の価値観とはずいぶん違うところを歩いている2人の男女は
これからも前人未到の地に挑み続けていくのでしょうね。
見ず知らずの私ですが、祝福させていただきます。
ご結婚おめでとうございます。
【2009/01/20 23:59】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【名言】

やらないよりは、やった方が良い。
ふだん滅多に見ることのない
「行列のできる法律相談所」をたまたま見ました。
カンボジアに学校を作るべく、有名人たちが絵を描き
オークションで資金を集める
という企画でした。
最終的に資金は2000万円以上も集まり、大成功に終わったようです。

正直なところを吐露すれば、私は
日本テレビのボランティア的番組は
(裏側を知っているだけに)好きではありません。
『行列』のファンでも紳助のファンでもありません。

でも最後の彼の言葉が印象的でした。
(うろ覚えですので、言葉じりは違うかもしれませんが…)

「可哀相やな、作ってあげよう」
って思った時点で、人は上から見てるんですよ。
それは彼らにとても失礼な事なんです。
けどそれを「失礼」と理解した上で
やらないよりやった方が良い。


「学校を1個建てても何も変わらないかもしれない」
「そんなん言うたら、世界中に何十万って学校が必要や」

確かにそうかもしれん。
けどそれを理解した上で
1校でも2校でも、ないよりはあった方が良い。


だから私たちは学校を作ります。


単にボランティアの話だけではなく
就職活動、仕事、生活・・・すべてに適用できる考え方だと思います。


世界は複雑で、一刀両断に解決できる問題などほとんど無い。
自分の力は微弱で、お金も手段も「自信」も、何ひとつ十分とは言えない。

でも、それを理解した上で

やらないよりは、やった方がよい。

やっぱり「希望」とか「願い」とか「根気強さ」とかは
忘れちゃいけませんね・・・
【2008/05/27 20:37】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【名言】

こんな生き方をしてみたい~ Stay hungry, Stay foolish.
名言や金言を引用するだけのブログは、個人的にいかがなものかと思っています。
でもこの言葉だけは一人でも多くの人に読んで欲しい。
そう思ったので掲載します。

Googleで一番上に見つかった邦語訳を引用させていただきます。

H-Yamaguchi.net|Steve Jobsのスピーチ、山口訳
<抜粋引用>
Death is very likely the single best invention of Life. It is Life's change agent. It clears out the old to make way for the new. Right now the new is you, but someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away. Sorry to be so dramatic, but it is quite true.

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.


<山口氏の訳>
死はおそらく、生物にとって最高の発明です。それは生命にとって、古いものを取り除き、新しいもののための道を開いてくれる変革の担い手です。今、「新しいもの」とはあなた方です。しかしそれほど遠からぬうちに、あなた方もしだいに「古いもの」となり、取り除かれる日が来ます。ドラマチックな表現で申し訳ありませんが、これが真実です。

あなた方の時間は限られています。他の誰かの人生を生きて無駄にしてはいけません。ドグマにとらわれてはいけません。それは他の人たちの思考の結果とともに生きることだからです。他人の意見の雑音によって自分の内なる声が掻き消されてしまわないようにしてください。そして最も重要なことですが、あなたの心や直感に従う勇気をもってください。心や直感は、あなたが本当は何になりたいのかすでに知っています。他のことは全て二の次です。

3年も前に話題になったスピーチだそうです。
言葉の主は、Steve Jobs。アップル社のCEOです。

何と力のある、叡智にとんだ言葉でしょう。
そして何とすがすがしい「人生の覚悟」でしょう。


私がこれを知ったのは梅田望夫さんの『ウェブ時代 5つの定理』を読んでからです。
知らなかったのを恥ずかしいとも感じ、逆に遅れてでも知りえたことを幸せにも思いました。
何かに疲れた時、何かに行き詰まった時、ぜひ思い返してください。

この言葉は長いお話のほんの一部です。
とにかく全文を読んでください。
よかったらYou Tubeで映像も見てください。

Steve Jobs Stanford Commencement Speech 2005
http://www.youtube.com/watch?v=D1R-jKKp3NA

【2008/03/19 21:07】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【つぶやき】 【名言】 【動画】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。