【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

あなぐまの就職自戦記(2)「ひとりで頑張る」理由
「マスコミ就職ガイダンス」なるものを聞きに行った私。

そもそも「無料」なのですから、
「マスコミ就職って難しいんだよ。いい対策があるから、うちのセミナー受けてよ!」
という宣伝が込められているのは、百も承知です。
しかし私にとってはファーストコンタクト。
ぼんやりでも「こういうことをしておけばいいのかな?」という方向性が
この日自分の中で芽生えたような気がします。

そして講師の“ある一言”が、私のその後の就職活動を支えてくれました。
名前も顔も覚えていませんが、その講師の方はおっしゃいました。

「マスコミは人気の業界で、試験会場に行くとたくさんの受験者がいます。
しかし、マスコミの試験は他業界に比べて早い時期に実施される傾向があるので、他の業界を志望する人が練習がてら受験する、言うならば“記念受験”のような人も多いでしょう。
だからしっかり対策をして“自分は本気なのだから大丈夫”と自信を持って臨めば雰囲気に飲まれることはないでしょう!」


実際のところ、私が入社した会社もエントリーは1000人を超えていました。
1000人ひとりひとりに「ぶっちゃけ本気?それとも記念受験?」
などと聞くことは当然できませんが、この言葉のおかげで
頭の中で勝手に「90%は記念受験だ」と思い込んで
自分のスタイルに自信を持って臨むことができたのは大きかったと思います。
(ちなみに当時は採用冬の時代。入社したのは私1人だけでした・・・)

もう1つ私が強く感じたのは、
「積み上げる知識や提出する論文も含めて、自分の個性で勝負するのだから
大学受験のように“みんながやっている方法を採用する”のは最低限にとどめよう。
まして“他人の力で引き上げてもらおう”などと考えていたら
会社に入ってからきっと苦労するだろうから、自力で頑張ろう!」

ということでした。
なのでセミナーには通いませんでした。(お金がなかったのも理由ですが)

これは就職活動を進める中で感じたことでもあるのですが、
「ひとりで頑張る」のはすごく大変だけど、その精神は貴重だと思います。

例えば同じ業界を志望する人同士が、面接会場で「どこから来たの?」と会話を始め
連絡先を交換したり、「終わったら一緒に帰らない?」とお茶したりして
お互いに仲良くなり情報共有をする、というパターンはよく見ました。
あるいは同じ大学の人同士が一緒に受験し、面接の前後にロビーや控え室で
楽しくおしゃべりをしている、という光景も多かったと記憶しています。
もちろん「友情が芽生える」「情報交換をする」「一緒に頑張る」メリットは否定しません。
ただ最終的に、採用されてその会社で働くのは“あなた自身”のはずです。
大学受験のように「みんな一緒に合格しようね♪」は非常に難しいのです。
(今は大量採用の時代なので、全てそうだとは言い切れませんけど)

もし自分の不安を解消したい一心で、面接前に誰かとおしゃべりするのであれば
「面接で自分が伝えたいことを復唱する」とか「こんな質問にはこう答えよう」とか
1人頭の中でシミュレーションして心を落ち着かせ、
終わった後には、質問と自分の答えを忘れないうちにメモして
「あの質問はどんな意味があったのかな」「次同じことを聞かれたらこうしよう」と
心の中で振り返る時間を作ってみてはどうでしょうか?
コミュニケーション能力は仕事に欠かせませんが、皆さんがその力を発揮すべき舞台は
「面接官との対話の場」であって、決して「他の受験者との対話の場」ではないのでは?!

と、あなぐまは思うのです。

とは言いつつも、事前の備えではいろんな情報を駆使し、周囲にも協力を仰ぎました。
そのあたりは次回。


あなぐまの就職自戦記(3)周囲の力を借りるを読む
スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/01/09 20:41】 | あなぐまの就職自戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】

マスコミ就職に「有利な学部」はない。
Q.法学部に在籍しているのですが「社会学科にしておけばよかった」と後悔してます。
社会学やジャーナリズムなど興味をそそられるような科目が多いからです。
やはり学部・学科で有利、不利はあるのでしょうか?

A.私(文学部卒)から見たら、法学部の講義もじゅうぶん興味をそそられます。
なぜならニュースと法律はすごく密接な関係にあるからです。

たとえば「刑法」「刑事訴訟法」など、刑事事件に関わる法律以外にも
「地方自治法」「独占禁止法」「民法」「著作権法」
「公職選挙法」「特定商取引法」「薬事法」「建築基準法」

などなど、よくニュースで耳にしませんか?
もし記者になって法律に親しんだ経験があれば武器になりますよ!
私は裁判の傍聴も、はじめは苦労しました。何せ専門用語だらけなので。

「法律そのものの知識を全て頭に入れなさい!」という意味ではありません。
法律の知識は、就職した後で必要な時に必要なものを手に入れればいいと思います。
でも「法律に触れた・学んだ経験」は、売り方ひとつで
面接官にじゅうぶんアピールできると思います。

では、マスコミ就職に有利な学部、不利な学部というのはあるのでしょうか?
現実からいえば「文・経・法」といった文系学部の出身者が多いのは事実かもしれません。
でもそれ以外の学部だからといって、マスコミへの就職ができないわけではありません。
というのも、理系の学部や教育学部を卒業する方は、入学する段階で何となく
「マスコミ以外の就職先を志望する」と決めているから、受験者数が少ないだけでは?

と思うからです。
私の知り合いには工学部出身の記者がいました。

もちろん「大学で学んだこと」を企業にどう生かすか?について語る時、
「文・経・法」であれば、学問と仕事を結びつけやすいという理由もあるかもしれません。
でもそれ以外の学部で、しっかりとした志望動機を作ることができれば
他の受験者より目立った存在になり得ます。
つまり「確かな自己分析とアピール」があれば有利不利はない!
というのが、あなぐま的結論です。


<関連リンク>面接・ESに有利な資格は存在するか?高校の学歴まで気にしなくても大丈夫でしょうあなぐまの就職自戦記(14)誰にでも可能性は等しい

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/01/09 22:34】 | 求められる人材像とは | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】 【エントリーシート】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。