【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

あなぐまの就職自戦記(6)落ちた時のあきらめ方
前回に引き続き、私の失敗談から。

関西のテレビ局「A○C」は1次面接で落選しました。
自己PRも志望動機もある程度自信があったのですが、
あの時ほど「落ちた・・・」とその場で確信した面接はありません。

1次面接。私の担当は、カジュアルな服装のおじさん。
たまたま制作系の社員だったのでしょうか?1対1の面接です。

前述したように
「どんな質問でもなるべく持ちネタに引っ張り込む」という戦略を取っていたのですが、
会話の合間に彼の表情、仕草をチェックすると、どうもウケが悪い。
言っていることが理解できていないわけではなく
“ふ~ん・・・こいつ真面目すぎて、なんかオモロないなあ”
という雰囲気を醸し出しているような。(少なくとも私にはそう感じられたのです)

あげく、会話の流れ全く関係なく
「・・・コソボ、エライことになってんなあ?」
と世間話のような質問をされ、時事問題を絡めて無難に答えたつもりなのに
「ほお。そうかいな」みたいな一言があって、その会話は終わり。

“あれ?オモロい方がウケるのか?自分はツマランのか?”

と迷いが生じます。
そこからはもうスベりまくる芸人さんのように、
「あせる→予定にないアドリブを入れる→すべる→あせる」のループ。
帰りに他のブースをチェックするとドッカンドッカン笑い声が聞こえてまして、
“ああ、ダメだったな”と。

今思えば、それはそれで自分のカラー、スタイルを貫けばよかったのですが
「相手に合わせよう」とブレてしまったのが反省点です。

以前も書きましたが、就職活動=結婚相手を探す行為、という例え話でいくと
お見合いで「相手のノリが良くない」と感じていつもよりウケ狙いに走ったところ、
終わってから「私、物静かな人がタイプなの。リアクションが悪かったのは、
たまたま今日は体調が悪くて・・・」とフラれた感じに似ているでしょうか?
(まあ、実のところは分かりませんが)

ただ、6年間働いて他社のことも分かってきた上で出した結論があります。

「A社の社風に自分は合っていなかったんだから、
何かの間違いで内定もらったとしても、働く上での苦労は絶えなかったはず。
だから落ちて良かったんだよ、きっと!」


これは「落ちた時のあきらめ方」として非常にオススメです。
大切なのは、フラれたからといって「もう就活なんかしない」とあきらめたり
「自分を必要としてくれる人はいないんだ」とネガティブになるのではなく、
「きっとどこかに自分の理想の相手がいるはずだ」と信じて
積極的にチャレンジを続ける姿勢だと思います。

それに「落ちた面接」ほど収穫の大きいものはありません。続きは次回。


あなぐまの就職自戦記(7)面接の失敗を「糧」に!を読む
スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/01/17 22:01】 | あなぐまの就職自戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】 【面接】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。