【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

インタビューの必要性~センター試験の編集から
本日から大学入試センター試験。
受験生の皆様、お疲れ様です。
ところでお昼の全国ニュースを何気なく見ていたら、ちょっと驚くシーンが・・・。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

(スタジオ)大学入試センター試験が始まりました。

VTRスタート

(受験生インタビュー)
「今までやってきたことを精一杯だして・・・」
「緊張しています・・・」(いまにも泣き出しそうな声)

(原稿読み)
センター試験は、全国736の会場で午前9時半から一斉に始まりました。
会場では緊張の面持ちで受験生たちが・・・(以下つづく)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、どこに驚いたのでしょうか?


答えは「女子高生のインタビュー」です。
しゃべっているうちに緊張感と思いがこみ上げてきて、いまにも泣き出しそうな彼女。
VTRでは、まわりの友達に「大丈夫だって!」と励まされるシーンまでフォローしていて
第1印象は「ずいぶん緊張する人もいるんだな」などと感じました。

・・・しばらくたってからです。
ふと心配になりました。

「彼女はあの後、冷静さを取り戻すことができたんだろうか?
本来の力を出すことができたんだろうか?」


そして自分の現役時代を思い出したのです。
センター試験の取材方法は、かなり「定型」です。
指定された大学に指定時間に行くと、取材対応してくださる大学の職員さんがいます。
彼の誘導で、指定された会場にそーっと行き、指定された時間(5~10分くらい)
問題用紙を配る様子や、受験生の肩越しの映像、鉛筆のアップ画などを撮ります。
時間が来たら退出。
あとは社に戻って、受験生数・交通情報などを確認しながら原稿を仕上げます。

ただし、これだけでは映像が足りません。
そこで少し早めに大学に行き、受験生が寒そうに会場へ向かう映像をおさえます。
おそらく冒頭のインタビューはこの時撮影したものだと思います。
しかし、現役当時の私は1度も受験生へのインタビューをしたことがありません。
「してはいけない」と教わったわけではなく「インタビューをしづらい雰囲気」だったからです。

一般の人はカメラを向けられるとものすごく緊張します。
街頭インタビューを1人撮ろうと思ったら、5人は断られる覚悟が必要なくらいです。
まして一生を決める(と少なくとも本人は思っているであろう)大学受験前に
インタビューをされて冷静さを取り戻すことができる受験生がいるでしょうか?
もし、彼・彼女が力を出せなかったら、記者は責任を取れますか?


もちろんインタビューを受けるのは自己責任です。
でも同じ自己責任なら、素朴な疑問として
「このニュースにそもそもインタビューは必要か?」
と、そんなことを思った土曜日の午後なのでした。
スポンサーサイト
【2008/01/19 18:56】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】 【ニュース】

皆様のどんな質問にもお答えします
地方局などマスコミの就職活動にチャレンジしている学生・社会人の皆さん!

将来、マスコミで働いてみたいなと思っている中高生の皆さん!

「どうしてテレビってこうなの?」と疑問を持っている視聴者の皆さん!

あなぐまがどんな質問にもお答えします!
コメント欄に書き込みをお願いします。

************************************
<090130追記>
ブログ開設から1年。
たくさんの方とコメント欄やメールでやりとりさせていただきました。
私にとっても勉強になりますので、お気軽に書き込みどうぞ。

(1)質問内容などコメントの非公開を希望する場合は
「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて下さい。
(2)メールでのやりとりを希望する場合はその旨お書き下さい。

************************************
<080109記述>
実は私、2006年の春に放送局を退職してからすぐ
「2ちゃんねる就職板」にて、マスコミ志望者からの質問を受け付けるスレッド
みたいなものを約半年間、営んでおりました。
(もう過去のデータすら見つけることができませんが・・・)

その後、今の会社に勤めるにあたって、書き込みは止めたのですが
あわせて100件以上の質問が寄せられました。
私の経験はたかが数年間ですが、1つ1つ丁寧に回答することで
「実態はこうなんだよ」「こうすれば悩みがほぐれるんじゃないかな?」といったことを伝え
少しでも皆さんの役に立てればよいなと考えていました。
それはこのブログでも同じ思いです。

しばらくは来訪者も少ないでしょうから
当時寄せられた質問を「Q&A形式」に直して少しずつ紹介してゆこうと思います。
皆さんの現状に当てはまるものもあるかもしれません。参考になれば幸いです。

もちろんこの記事を見た皆さんからの質問も大歓迎!
コメント欄にお願いします。

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/01/19 20:24】 | 【受付中!】就職質問箱 | トラックバック(0) | コメント(21) 
tags:

面接で困る質問「希望する部署に配属されなかったら?」
【質問】
私は報道志望です。なのに面接で
「あなたが希望している部署に配属されなかった場合どうしますか?」
と質問され、答えに困ってしまったのですが・・・。


【答え】
マスコミ(放送局)に入りたい人の多くが
「報道」や「番組制作」に携わってみたいと考えているはずです。

だから「もし希望しない部署に配属されたらどうする?」と言われたら戸惑いますよね。

こんな答え方をしてみてはいかがでしょう?
「自分がこの放送局で成し遂げたいのはニュースを作ること”です。
希望とは違う部署に配属されたら残念に感じるとは思います。
でもその部署があることで会社が成り立っているわけで
将来、自分が成し遂げたい大きな仕事をするときにも
その経験が少なからず生きてくるはずです。
だから目標を見失わずに頑張ろうと思います」

「経理」や「事業」をやりたいから放送局に入る!という人はとても少ないです。
でも会社として放送局を見た場合、総務や事業部門はかならず必要です。
(番組づくりを陰で支える大切な部署という意味合い)
だから社員の中で誰かは(ある意味涙をのんで)この仕事をやらざるを得ません。

かつてコネ入社の人が多かった時代はいざしらず、
現代のように正規の入社試験での採用者が多くなってしまうと
「本当は番組作りたかったのに、総務に回された!」という思いをするような場面が
長い会社人生で必ずといっていいほど起こります。

「希望しない部署に回されたら、気持ちが折れるんじゃないですか?」
「その時になって、辞めたい!って思うような人は困りますよ・・・」

ということを面接官は聞きたいんじゃないの?と私は思います。

最終的に自分がどこで仕事をしたいか、どの分野で会社に貢献したいかと考えると
大切なのは入社時や若い時の配属先ではなく
30代~50代の円熟期にどの部署でどんな仕事をしているか?だと思います。

マトモな会社なら、そのときまで希望を出しつづけていれば
きっと自分の希望部署に配属されるチャンスを1度は掴めるはずです。
私が見てきた先輩でも「ずっと報道畑」という人もいれば、
「紆余曲折を経て制作ディレクター」という人もいました。

ただ、小さな組織の場合「ゴネる人」「わがままな人」ほど
結果的に得をする、やりたいことを成就できる傾向があるのも事実です。
「会社の意向をすべて受け入れて文句を言わない」という姿勢を貫くと
単なる”器用貧乏”になってしまう可能性があります。
なので入社試験で発言したことを、入社後も厳守する必要はないと思います。


<関連リンク>部署移動はなぜ必要なのか?面接で困る質問「他社の受験状況はどうですか?」あなぐまの就職自戦記(7)面接の失敗を「糧」に!
【2008/01/19 22:52】 | 面接で差をつけよう! | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【面接】 【必勝法】 【困る質問】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。