【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

書き続けることが「答え」だ、と言い切ってみる。
ブログを始めて2週間たちました。とても興味深いです。
ただ最近「う~ん・・・」と考え込んでいることが2つあります。

1つは「ネット世界のトラフィック数増加と“本当に有益な情報”の増加は、
きちんと正比例になっているのだろうか?」
という疑問です。
ちょっと小難しく書いてしまったので、言い直すとこういうことです。

このFC2ブログは「足跡」機能や「アクセス解析」機能などを使って、
“どんな人がやってきているのか”をある程度知ることができます。
コメント・TBも開放してますし、他ブログも参考にしようと検索しています。
ところが以下のようなことがよくあるのです。

・マスコミとは全く関係ない「宣伝関係のブログ」の方が訪問、コメントしている
・1日に何回も集中してアクセスしてくるIPがある→調べるとどうもスパムらしい
・「マスコミ 就職」で検索したブログ記事の多くは、現在更新が止まっている
・中には人気キーワードを文章内にちりばめただけの、中身のないコンテンツも多い


こういうのを見ると考え込んでしまう訳です。
私は今の会社でWebマスターもやってますが、同じような問題を抱えていて、
1日何千何万と流れるトラフィックの中で、いったいどれが「有益」なのか?
全く実感として分からずじまいなままサイト運営をしているのです。

そうなると気になるのは、
「本当に私の書くコンテンツを求めている人がいるのだろうか?
どうすれば求めている人がこの情報にたどりつくのだろうか?」
といったことです。
ただスタートしたからには真摯に、皆さまのお役に立つような文章を書き続ける、
それ以外に自分が出す答えはない!と気を引き締めています。

(思わず長文になってしまったので、2つ目は別エントリに書きます。)
スポンサーサイト
【2008/01/22 22:02】 | ます☆ぶろ研究室    (マスコミ・ウェブ論考) | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ブログ】 【つぶやき】

視聴率・インパクト至上主義?の苦悩
NHKのインサイダー問題の時にも書きましたが、
このブログが「マスコミ志望者を応援する」のは良いとして、
ただやみくもに「みんな頑張れ~!内定めざせ~!」というわけにはいかない
メディアの現状がありますよね。特にメディアに対する世間の声が気になります。


たとえばこちらのブログ記事を紹介します。(トラックバックさせていただきます)
マスコミ志望者の方もそうでない方もぜひお読み下さい。

人に愛を与えなさい~ケアンズからの手紙
http://blogs.yahoo.co.jp/the_southern_cross1974/51619715.html

面白おかしく強烈に人の注意をひきつけるものばっかりが表に出てきて
人の真摯な心意気に敬意を表したり心温まるような話があまり出てこない。
(中略)これからの日本の未来を背負っていく若い人たちの一部が
こういう次元の仕事をしているというのは悲しい限りである。


・・・マスコミ志望者の方、どう感じますか?

仮に「インパクト優先・視聴率至上主義のジャーナリズム」という言葉があるならば
ローカル局はまさにこの考え方が浸透し、変遷している最中にあったと感じます。
私が入社した頃は、ローカル局は視聴率チェックこそしてましたが
「ああ、上がったな」「うう、下がったな」のよもやま話レベルでした。

しかし退職する頃になると、自社のニュース番組では「毎分視聴率」をグラフ化して
「あなぐま!お前の特集は中身はともかく、CM前のつかみが弱すぎるんだよ!
見てみろ、CM前で視聴率ガタ落ちだぞ!映像は“見てもらってナンボ”だろ?
今回は他社に平均視聴率で負けたぞ!」
と上司に責められるのが日常茶飯事でした。
そして、インパクトを狙った文章・映像・テロップの組み合わせを用いると、
(百発百中ではないですが)実際に視聴率が良くなるんです。これが間違いのもと。

私も現役当時「自分は視聴者の視点を大事にする!」と真剣に考えてました。
ところが転職して、普通のサラリーマンになってから冷静にニュースを見ると
「決して当時の自分が視聴者目線を持っているわけではなかった」と感じます。
映像の順序、文章表現のお約束、テロップの出し方、原稿の切り口など、
どれをとっても「視聴者には大差ないこだわり」ばかり重んじていたのです。
「会社の常識、世間の非常識」的なものは、多かれ少なかれどの業界にもありますが
マスコミ(テレビ局)の作り出すものは、今も昔も世間の注目を集めます。
常に自己を厳しく律し、社会とのギャップを問い続ける姿勢が大切だと今は感じます。


ただ、ものづくりに携わっている方は分かるかもしれませんが、
限られたコストと時間の中でたどりつける複数の選択肢があったとして、
「じゃあどれを選ぶ?」という時「これが正解だ!」と決めるのは
究極的には個人の好みだったりします。
信念、ポリシーなどと言い換えればカッコイイですが、やっぱり好みです。
その点において「視聴率」という数字が、紙媒体であれば売上部数が、
ものづくりのよりどころとして非常に使いやすい指標なのは事実です。

前日の視聴率表をもとに、デスクは考えます。
「そうか、視聴者はこれを見たいのか!じゃあ、今日もこの話題を追いかけよう!」
(ただ視聴率・売上部数という数字そのものも、信頼性は薄いのですが・・・)

「なぜこんなつまらない番組を・・・!」という言説には
「じゃあ見なければいいじゃないですか!多くの人が見たいものを提供するのが
我々メディアの役割であり、ビジネスでもあるのです。何か問題でも・・・?」

という反論が常につきまとってしまいます。
私も含めた視聴者全体のレベルアップも、マスコミの浄化には不可欠だと思うのです。
ところが、どこかで国民は朝青龍を見て「したり顔」になったり、
公務員や企業・著名人の行動をひたすら揚げ足取り→バッシングしたり、
「お馬鹿タレント」を笑いたかったりするわけです。実際、視聴率は高いわけです。
そのモードをたとえば糸井重里さんは、
「国民が皆どこか不機嫌な時代」とおっしゃったりしてますが、私も同意見で
皆がテレビに求めているであろう「ストレス解消的な要素」を
うまく別の形で昇華できないものかな・・・とそんなことを思い悩んでいます。
【2008/01/22 22:12】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(1) | コメント(0) 
tags:【体験談】 【ニュース】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。