【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

スポーツ中継における「演出意図」~大阪国際女子マラソン
ニュースではなく「スポーツ中継」ですが、気になったもので・・・。
本日の大阪国際女子マラソン。ご覧になった方も多いと思います。
マラソン初挑戦の福士加代子選手が前半ハイペースで飛ばしたものの、
最後はバテバテになり「ゴールするのがやっと」という状況を余すところなく伝えていました。

スポーツ中継に演出意図(作為)がある、というのは周知の事実であり、
その是非について議論しようというわけではありません。

実はあなぐまもスポーツ中継のディレクターを何度か務めたことがあるのですが、
思い当たるフシがあるのです。

「スポーツは演出側の意図せざる結果になることが往々にしてある。
その時、演出者(ディレクター)はどうすべきか」
という問題です。

そもそも、演出意図とは何か?
私は野球などスポーツ中継のディレクター経験が何度があるので、その例をお話します。

スポーツ中継の魅力は「何が起こるかわからないところ」なのですが、
番組としては「この試合のポイントはここです!」という“見立て”をしておけば
観る側がより試合の魅力を理解でき、感情移入しやすくなる傾向があります。

たとえば野球の試合で、試合前の両チームのデータ(実績)から
「Aチームの速球ピッチャー 対 Bチームの強力打線」という見立てをしたとします。
すると、「A投手の個性や魅力を調べ、事前インタビューをして紹介VTRを作る」
「一方でB打線の凄さが分かるような過去VTRの編集版も事前に用意しておく」
「両者の過去の対戦成績をピックアップし、アナウンサーに渡しておく(テロップも作成)」
などの準備をしておけば、よりエキサイティングな中継ができるだろうと考えます。
これが私のいう「演出意図」です。
※もちろんこのケースではA・Bチームの「攻守交替時」の争点も裏テーマとなります。

特にここ数年、スポーツ中継時に「サイドスーパー」が出るのが当たり前になり
(右上などに短い文章のテロップが出続ける=例えば“福士が日本記録ペースで快走!”)
途中から中継を見始めた人にも、演出側の意図を常に表明する仕組みになっています。
ところがスポーツは当日の体調や試合の流れ、偶然性などから思わぬ結果が出ます。

例えば野球であれば、序盤早々にA投手が調子悪く打ち込まれ、交代してしまう・・・
すると「残りの中継時間どんなトーンで番組を進行させていくか」がわりに難しいのです。
あなぐもスポーツ中継大好きで(どちらかというとデータ派)、ディレクターを務めた時は
見立てをあれこれと一生懸命考えたのですが、結果として全く違う展開になってしまい
カメラマンさんから「おいおい・・・全然じゃないか!」と突っ込まれることしばしばでした。

思い入れが強ければ強いほど、事前VTRの時間も長い。用意した原稿もたくさんある。
打ち込まれたピッチャーの映像リプレイや事後コメントもつい出したくなるでしょう。
しかし試合はどんどん進みます。状況もどんどん変わってゆくでしょう。
視聴者からすれば「今さらその話を蒸し返すなよ。それより今のプレーを見せてくれ!」
と感じる場面で、何度も振り返りのコメントや映像が繰り返されてしまう現象は、
ディレクターやアナウンサーがどうしても「演出意図」を引きずり続けることに起因します。
この「引き際」と「切り替え」はとても難しいのです。

特に番組としての完成度を求めれば求めるほど、アクシデントには弱くなってしまいます。

きょうの大阪国際女子マラソンは「見立てが外れた」典型でした。
演出側が徹頭徹尾、注目選手として推してきた福士選手が、30キロ過ぎで失速。
番組としては40分以上残した段階で「演出意図」を修正するのかどうかを迫られました。
あなぐまがディレクターなら、背中に冷や汗が出るかもしれません。
関西テレビの結論は最後まで「福士メイン」を貫くことだったようです。
ただ、優勝したマーラ・ヤマウチ選手がほとんど紹介されることなく番組は進行し、
挙句、ゴール直後の森本選手(2位)をスタジオに呼んで「福士選手どうですか?」などと
本人とは全く関係のない質問ばかりをしてしまったシーンには、賛否両論あると思います。

そして最後は福士選手が何度も転びながらゴール。“感動”をあおるコメントを繰り返し、
スタンドに向かって笑顔で手を振る福士選手の映像をエンディングに使いました。

演出意図は、ピッタリはまれば「会心の演出」になるのですが
そうなるかどうかは運次第みたいなところもあり、見立てが外れたことは責められません。
ただ1つだけ苦言を呈すると
「福士選手は長距離練習をしていない」という情報をディレクターも知っていたはずです。
その中で「福士が失速した場合は・・・」という場面想定を全くしていなかったのでしょうか?

もしそれも想定した上で「失速した場合は完走するかどうかを争点に切り替える」などと
演出側が計算していたのだとしたら、もはやそれはスポーツ中継ではありません。
精一杯走っている他の選手に失礼だと思います。
私がディレクターなら、その可能性も事前に考えて演出プランを組むはずですが・・・。
スポンサーサイト
【2008/01/27 20:55】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】 【ニュース】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。