【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

残業が多いから給料が丸々増えるわけじゃない
【質問】
放送局の仕事は忙しいそうですが、残業手当もたくさん貰える?

【答え】
確かにけっこうな額の残業手当をもらってましたが
「残業すればするほど手当が増える」というわけではないんです。
「みなし残業」「裁量労働制」と呼ばれるシステムを知ってますか?

裁量労働制は、どれだけ働いたとしても
「毎月○時間分の残業手当」しか出ない仕組みです。

たとえば5分のVTRを仕上げるのに
集中して3時間で終わらせた人と、
編集室でウトウトしたり、要領を得ない作業で9時間かかってしまった人とで
残業手当に3倍も開きが出るのだとしたら不公平ですよね?
つまり自分の働き方に残業量を委ねる=「裁量」というわけです。

ただ、チームで仕事をしている以上
「誰がやってもいいけど、あんまり誰もやりたがらない仕事」というのが出てきます。
その時に「自分の仕事だけやってればいい」というスタンスの人と
「喜んでチームのために仕事をする」というスタンスの人がいますが、
後者の奉仕精神も裁量労働制は飲み込んでしまうのが問題点ではないか
と私は思います。

役職手当をもらう段階でもない「若い世代」が特に問題で、
私は1ヶ月の労働時間が350時間を超えることもありました。
「あこがれのテレビの仕事なんだから携われるだけでもありがたいと思え!」
なんて態度を露骨に示す上司もいます。

どれだけ仕事をやれば適正かという基準も無いので
仕事がつらくて辞める人が出ても仕方ありません。
それでも、憧れの世界で志望者も多いので
誰かが辞めてもすぐ次が見つかってしまう=労働環境は改善されない
という悲しい悪循環が続いてしまいます。

記者やディレクターの仕事って正解がないんですよね。
オンエアしたら終わりという区切りがあるだけで。
だからいくらでもがんばろうと思えばやることはあるし
ほどほどでもいいじゃん!という考え方もあります。
だから職場の雰囲気や上司の方針、自分の考え方や世渡り術とか
そういうこともすごく大事だと思います。

ちなみに、事務職や営業職の人は残業の申請時間分だけ残業代をもらっていました。
報道にいる人との給与の差は、あるようなないような・・・。
楽な仕事をしていて、残業少ない人なら、給与も少なくなるでしょうし
忙しい部署で残業が多ければ、裁量労働制よりも結果的に残業代が多くなります。
(基本給を高くするところもあれば、残業代を高くするところもあると聞きます。
入る会社によってずいぶん事情は違うのかもしれません・・・)



<関連リンク>記者の1日のスケジュールはこんな感じ記者に休日はないってホント?私は記者時代「その日暮らし」で生きていた
スポンサーサイト
【2008/02/15 20:51】 | 労働条件も大切です | トラックバック(0) | コメント(3) 
tags:【体験談】

《この就活ブログがスゴイ》④就職活動を理論化するとこうなる
2月限定企画 「この就活ブログがスゴイ!」
テレビ局・マスコミ就職に関するブログがあまた存在する中で、
あなぐまがオススメできる厳選サイトを紹介するコーナー。

就活理論でご飯を2杯。
http://ameblo.jp/sk-riron/
掲載期間:2007年11月~継続中?
記事数:約50本

マスコミ就職とは直接関係ありませんが、
「理論」として就職活動をまとめているサイトの中では
かなり体系立てたもので非常に読みやすいです。

卒論研究を兼ねているそうで・・・なるほど。
合う人合わない人がいるかもしれませんが、
ばっちりハマる人ならご飯3杯はいけるかもしれませんね(笑)

<おすすめエントリ>
就活理論 『すぎるテクニック』
http://ameblo.jp/sk-riron/entry-10066072000.html

「短所」は他人と差別化できない事柄(ありがちな事柄)で、さらに長所ともとれる事柄を選ぶ必要があります。ありがちな事柄を挙げると「好奇心が強すぎる」や「細かくなりすぎる」等があります。「細かくなりすぎる」であれば「細部にこだわるあまり、いつも締め切りぎりぎりまで改善点が無いか調べてしまいます。」等と記す事で、短所でありながら細かいが努力を惜しまない人というイメージを与える事が可能となります。このような「短所」は「~すぎる」という事で作りやすくなります。
これが、伝家の宝刀すぎるテクニックです。


大学生がここまで冷静に対人アピールを分析できていることは、
すごいというか、何だか末恐ろしいような気さえする理論です。

この「武器」は万人が使えるのではなく、使う人を選ぶような印象ですが
百聞は一見にしかず。よかったらアクセスしてみてください。

※ちなみにこの手のサイトで「メールをいただければレポートを差し上げます」とか
「○○円でノウハウをあなたに」なんて書いてあるサイト、私は絶対信用しません!
悩める学生を食い物にするなよ・・・

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/02/15 21:27】 | 志望者必読!リンク集 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ブログ】 【リンク】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。