【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

「全紙一面トップ」は当局の意図!?
昨日は朝から晩まで
小室哲哉容疑者のニュースばかり。
少し疲れてきた方も多いかもしれません。

詐欺が事実であれば、
ニュース自体は「それは彼が悪い」で終わります。
しかし受け手の印象はさまざまでしょう。

・お金がたくさんあっても幸せとは言えないんだな
・海外事業なんて生半可に手を出すものじゃない
・慰謝料とか高級外車とか、いかにも芸能界って感じだね
・ああ、時代の寵児もこんな成れの果てか・・・
・最近テレビで見たけど顔相がおかしかったよね
・久しぶりにカラオケでも行こっかな?


いずれにせよ「社会的影響の大きな人物」であったことは間違いなく
当局も、彼を立件するにあたって
「メディアをしっかりと意識した」手法を採用した
こと、
皆さんは気づいたでしょうか?

つまり、

「見せしめ」的立件

という要素が非常に色濃く出ている報道なのです。


1)紙媒体
全ての始まりは「11月4日付けの朝刊」。
主要一般紙・スポーツ紙が全て一面で「逮捕へ」と報じました。

朝の情報バラエティなどでは
「奇麗に見出しが揃った新聞十数札を並べたカット」が
必ず使われていました。・・・だって圧巻ですもの。

これはおそらく「作られた状況」だと私は考えます。


4日の朝刊は、基本的に「11月3日の出来事」を掲載します。
一面トップをどのネタにするかは各社が自由にできるはずですが、
どの新聞社も、3日に起こったいろんな出来事を押しのけて
「4日にも逮捕される見込み」をトップで報じたわけです。

「逮捕へ」というのはいわゆる観測球で、
独自取材で“ある筋”から情報を仕入れた場合によく使う表現です。
過去の私の経験から言えば、
このような観測球的記事が各社一斉に出る場合は、「スクープ」ではなく
検察側からの「半ば公のリーク」があったのではないかと推測できます。

なぜなら「単独取材」であれば、少しでも早く、
たとえば3日の夕刊や、極端な話、号外を出してでも
「他社より早く報じたい」と考えるのが基本姿勢ですから。
※今回は号外が出てもおかしくないインパクトだと思いますが、
どこも出していませんよね?・・・なぜ?



11月3日は祝日で、1日からの3連休でした。
公的機関は基本的にずっと「お休み」で
大阪地検特捜部も連休中だったはずです。
しかし4日の朝にピッタリ報じてもらうためには、
たとえば前日なりに、各社を集め
この情報について「レク」しなければいけない
はずです。

ネットでは数日前から
「大物プロデューサーKが逮捕へ」という噂が流れていました。
もしかするとかなり早めのタイミングで、非公式のレクが開かれ
「4日朝刊より解禁」という紳士協定が結ばれていたけど
ちょっとだけ漏れた(あるいは意図的に漏らした)のでは・・・?
と、これは想像しすぎですかね。

スポーツ紙の場合、
日曜日にいろんなスポーツイベントが目白押しなので
月曜の一面を確約するのは難しいのですが
(3日の朝刊なら石川遼選手とか天皇賞とか日本シリーズとか)
火曜紙面であれば、空いている可能性は高いと想定できますよね。


2)映像媒体
4日の朝刊が届くタイミングに合わせたかのように、
映像媒体もいっせいに朝ニュースから報じました。
あくまでも「新聞がこう報じています」という姿勢を貫きつつ、
午前8時ごろから「任意同行 → 逮捕・家宅捜索」
という流れになったのですが、各社の撮影スタンバイはバッチリOK!
ヘリコプターから見た「車を取り囲む報道陣」の映像は
昨日、何度となく目にしましたね。

容疑者が滞在していたのはホテルだったそうですが、
捜査員はあえて地下や裏口からこっそりと連れ出すのではなく
衆人環視の中で歩かせました。これも恐らく当局の意図です。

スムーズに捜査を進めたいのであれば、
メディアは遠ざけるのが常套手段ですから。

私も年に何度か経験しました。
たとえば「これはひどい」と誰もが感じるような凶悪犯の場合、
身柄を移される先の警察署で副署長に問い合わせると
「○時ごろに着くと思うよ」と教えてくれることがあるのです。
容疑者は自分の顔を上着などで隠してもらえるわけでもなく、
フラッシュをバシバシ焚かれて歩く・・・社会的制裁というやつです。


なぜ、大阪地検はこんな「計らい」をしたのでしょう?
長くなってしまいましたので、続きは明日。
スポンサーサイト
【2008/11/05 21:48】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】 【ニュース】

「段ボールを持った捜査員」を撮影できる秘訣
昨日の要旨から。

11月4日、連休明けの火曜日に
「小室哲哉氏 逮捕へ」の記事が各紙の一面を独占した現象は、
当局からの「事前レク」があったゆえの
仕組まれた状況だったのでは?と私は推測しています。


では、なぜ大阪地検特捜部は
意図的にメディアを誘導したのでしょうか?


簡単に言えば
「この立件が誇るべき・自慢すべきものだったから」
というのが私の結論です。


記者時代の経験を話しましょう。
よく「家宅捜索」や「強制捜査」のニュースで

段ボール箱を持った捜査員たちが
列をなしてズラズラと建物に入る(or出る)


そんな映像を見たことがありますよね?
実はこの映像には3つのパターンがあります。

(1)「いつどこに捜査員が入るよ」というあらましを
事前にだいたい教えてもらっていて、しっかりと撮影できるケース


(2)独自取材の中で「いつ入るらしい」とキャッチして
張り込みなどの努力の末に撮影できるケース(スクープ)


(3)入った後で「実は入ったらしい」と知るケース
 →まだ間に合うようであれば現地に行き
  「今入ってます」「あ、出てきました」
 →もう終わってしまった場合は
  「捜索が入ったビル」みたいなテロップでごまかす

(1)だけが性格を異にします。
(捜査員の方がそう思っているかどうかは別として)
(1)は「撮ってほしい捜査」
(2)(3)は「撮ってほしくない捜査」なのです。


ではなぜ「撮ってほしい」のか?

たとえば社会的インパクトの大きい犯罪であれば、
「それをしっかりと検挙する我々!」をアピールすることは
地元や上層部の評価につながります。

聞けば今回のような「著作権をめぐる詐欺事件」は珍しく
今回の立件は「一罰百戒」つまり見せしめ的なものだとか。
おそらく犯罪の立証には、慎重な理論構築と証拠集めが行われ、
「今後の類似犯を防ぐに足りる」と自信を持てるものが揃ったからこそ
逮捕・起訴の流れに踏み切ったと見るべきでしょう。

※逆に言えば、今回ほど派手に取り上げられたのに
結果「証拠不十分で不起訴」というような始末になってしまえば、
大阪地検の名折れということになりかねませんね。


相当な時間をかけ、それなりの自信を持っているのであれば
「いつでも動ける」=「であればメディアの後押しをもらおう」
という発想が生まれても不思議ではありません。


※もっと露骨な話をしましょう。
11月1日(土)の時点で、ネットには「Kプロデューサー逮捕へ」と出ました。
本人が読んでいれば「逃亡の可能性」もあったはずですから、
本来なら、その日のうちに任意同行で身柄をおさえるべきだったのです。
もし海外に逃げられたり、自殺されたりすると大失態ですからね。
しかしながら、彼らは4日(火)の朝まで十分に待ってから動いた。
なぜ・・・?
全てが予定調和だったことを示す証左にほかなりません。
土日祝日に動けば、公務員は「休日出勤」となってしまい、
数十人の捜査員の「手当」が必要となってしまうはずですよ、きっと。


ゆえに私は、11月4日の報道を見て
「当局が意図を持ってメディアを誘導し、
このような報道に結びついた」と考えているのです。

さらに今後「起訴」「初公判」と続いていくのですが、
このような発端で動き始めた事件ですから、
おそらく「小室容疑者に有利な情報」というのが
メディアにほとんど出ずじまいで終わってしまうのでは?
と推察しております。
【2008/11/06 22:34】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】 【ニュース】

多事争論「アンカーパーソンの先駆者」
「アンカーパーソン」という言葉をご存知でしょうか。


かつてはアンカーマン・アンカーウーマンとも呼んでいましたが、
ニュースを伝える人物のことを指します。
日本でよく使われる「ニュースキャスター」とは少し意味合いが違います。

Wikipediaの解説文を引用すると、
「現場で取材したニュース素材が、記者、編集者、技術者らを介して
あたかもバトンのように受け渡され、最後に番組の出演者(アンカー)から
視聴者に伝えられる様子を例えたもの」という意味になるそうです。
放送ジャーナリズムが発達していたアメリカで
50年以上も前に誕生したこの「アンカーマン」という存在は、
もはやテレビのニュース番組に欠かせない存在となっています。


日本の陸上チームが北京オリンピックのリレー競技で大健闘を果たし
感動を呼んだのは記憶に新しいところです。
彼らが活躍できた大きな要因の1つに、戦後教育の中で
体育の授業に必ずと言っていいほど「リレー」が組み込まれ
日本にリレーの文化が根付いていた、という事実があることは
誰しもが認めるところでしょう。

しかし、同様にアメリカからの影響を多分に受けているはずの
日本の放送ジャーナリズムでは、
この「アンカー」という文化がなかなか根付きませんでした。
私が思うに、個人の意見よりも集団の意見を尊重する日本文化のなかで
特定の一個人がブラウン管を通じて自己の見解を表明し、
その論拠を余すところなく語り、
さらに全ての批判と賞賛を甘んじて受け止める
ということ自体が、大変なチャレンジだったに違いありません。


筑紫哲也さんは
日本を代表するアンカーパーソンの一人であり、先駆者でした。


わたし自身は、就職してから
「ライバル系列の看板番組」となった筑紫さんの語りを
見聞きすること自体少なくなってしまいましたが、
就職する前、そして退職した後は機会あるたびにチャンネルを選び
その見識に触れてきたつもりです。

ブログ上でこうして、筑紫さんの語りを真似て書いてみると
「柔らかくかつキッパリと、格調高くそして論理性にあふれる語り」
というのが、如何に難しいことかと痛感します。
そして同時に、こうやって再現できてしまうような気がするほど
彼の語り口が私たちの「心」にしっかりと刻まれ、
根付いていたことにも気付かされます。


筑紫哲也さんが18年半続けてこられた
「news23」の最後の番組出演の模様は、
インターネット上の動画サイトで見ることができます。
本来は、映像とともに音声が伝えられてこそ意味があるのですが
敢えてその一文を書き起こしてみたいと思います。

2008年3月28日OA 多事争論「変わらぬもの」
http://jp.youtube.com/watch?v=_4DHs40h93U
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5203492

(中略)
変わらないのは長い間、みなさんの支持によって作られた
この番組のありようであります。
それを私たちは「News23のDNA」と呼んできました。

力の強いもの、大きな権力に対する「監視」の役を果たそうとすること。
それから、とかく一つの方向に流れやすいこの国の中で
ま、この傾向はテレビの影響が大きいんですけれども
少数派であることを恐れないこと。
多様な意見や立場をなるだけ登場させることで、この社会に自由の気風を保つこと。
そういうことが含まれております。

それを実際にすべて全うできたとは言いません。
しかし「そういう意志を持つ番組であろう」とは努めてまいりました。
この18年間、人は変わったんですが、そのことでは変わりはありません。
同じようにこれからも松明(たいまつ)は受け継がれていきます。

「この18年間の間、どうして番組が生き残れたんだろうか?」
ということをこの際、私はあらためて考えてみたんですけど
やっぱり一番の理由はやはりごらんいただいている皆さまからの
信頼感の支えが大きかったと思います。
どうぞこれからも、変わらぬ、変わらずNews23をよろしくお願い致します。


日本の放送ジャーナリズムの歴史は
今、転換期を迎えています。
次の時代を担うであろう学生の皆さん、
現場で日夜頑張っている現役テレビ局員の皆さん、
さらに毎日テレビをご覧になっている視聴者の皆さんに
ぜひ筑紫さんの言葉を今一度かみ締めて欲しいと願います。

そして、故人のご冥福をお祈りいたします。
【2008/11/10 23:00】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ニュース】

プレイングマネージャー・とんねるずのあくなき闘争心
こっそり告白すると、私はもうかれこれ10年以上
「ナインティナインのオールナイトニッポン」
ヘビーリスナーです。
(ま、この番組の面白さについては、またの機会ということで・・・)

で、通勤の途中、MP3プレイヤーで聞いているわけですが
先日のゲストが矢島美容室(とんねるず&DJ OZMA)だったんです。
1時間以上もフリートークが続く中で、とんねるずの2人が
「最近のバラエティ番組」について言及する場面がとても興味深かったので、
ここに書き起こしてみることにしました。
20年以上第一線を走っている二人のあくなき意欲と闘争心、
そしてプレイングマネージャーとしての冷静な分析をお読みください。

※雰囲気を壊さない程度に省略や書き換えをしています。
また、2人の発言だけをクローズアップするよう、色付けをしました。

ナインティナインのオールナイトニッポン
2008年10月30日放送分より トーク一部書き起こし
ゲスト:矢島美容室(とんねるず&DJ OZMA)

矢部)おふたりご自分の番組とか見はるんですか?
木梨)(木曜深夜なので)きょうは見たよ。
石橋)見るよ。見る。
矢部)チェック的な感じですか?それは。
石橋)・・・ほとんどそれ。
99)あ~。

木梨)今日の「おかげでした」だったら
   (矢島美容室のロケで)東方神起が一緒に歌ってくれたのよ。
   それが、プロモをちょっと入れただけで・・・(カットされてて)
   彼らに申し訳ない。

岡村)なるほど。これは、遠まわしにスタッフを
   その・・・「叱咤して」っていう感じになるんですか。
木梨)すんごい彼ら(東方神起)いい子。
矢部)じゃ、どっかで使ってあげないと(笑

石橋)やっぱめちゃイケとか上手いもんね、編集。
岡村)ギリギリまでやってるみたいですからね、編集。
木梨)今「みなさんのおかげでした」やってるタケウチは編集できないもんね。
矢部)(笑)・・・編集できないんですか?
石橋)編集ていうかね。
   ただ「パッケージ」にしてるだけ?

矢部)いやいや!・・・考えてやってるでしょ?
石橋)で、たまにね
   「面白いものをつまんなくしてパッケージする」ってわかる?

矢部)そんな編集テクニックあるんすか?

石橋)たとえばさ。この間なんか上手いなと思ったのは、
   濱口(よゐこ)にさ(矢部が)ノックして、
   「お前は女ができるとツマらなくなるんだ!」とか言いながら、
   岡村が「声出してけよー!」て言うと、子供たちも「声出してけよー!」って。

岡村)はいはい、ありましたね。

石橋)・・・あれ、普通・・・コーナーにならないよね?
矢部)うーん・・・
石橋)あれがちゃんとコーナーとして成立しちゃうていうのはね、
   やっぱりね、めちゃイケのスタッフの「力」だよね。

矢部)これはスタッフ喜びますよ。
岡村)ほんとうにね、優秀なスタッフで。
木梨)作家の優秀さと、ディレクターの「自分のやりたいこと」がしっかりしてる。
   うちの番組は「作家来ない」でしょ、
   「ディレクター“だいたいこんなムードでいいんじゃねの?”」みたいな。

岡村)(笑)ムード大事ですもんね。雰囲気はね。
石橋)(ディレクターが)数字(視聴率)見て
   「まいっか。だいたいこれくらいなら・・・」ていう。


石橋)ほら、いつだったか岡村がやって30%超えた時あったじゃん。スペシャルで。
岡村)えーっと・・・期末テストのやつですね。
   台風もちょっと手伝ってみたいな。(在宅率が高まって視聴率も良かったと言われる)
石橋)それはでもさ。「台風を呼び込む」というのもさ、実力だよね。
   あれが30%超えた(って聞いた)時、衝撃的だったもんね。
   「うわ!!・・・バラエティでも30超えるんだ」と。

石橋)ドラマでたまに30%超えたりすると、やたらと『30%超え!』とか(記事になって)
   でも1クール(3ヶ月)の13本くらいでさ、30%最後に取ったとしても
   それは別に(苦笑)・・・なあ!

岡村)ま、確かにバラエティで・・・
石橋)やっぱり何年もやってるなかでね、『ダンッ!』って30%取るほうが凄い。
   たぶんね、昔の紅白で50%取ってたくらいの占拠率だと思うよ。

岡村)本当にね、バラエティ作るのって難しいと思います。「笑い」を提供するのは。
石橋)やっぱりね、
   「ちゃんと作ってるもの」にはね、「ちゃんとご褒美が出る」んだよ。

   あの30%(の数字を)見たときにね、俺ね、燃えたもん。
   『これは、やらにゃいかん・・・』って。
   (とんねるずは)29.5%なのよ。最高が。

99)うわー!そうなんですか?
石橋)「みなさんのおかげです」長ーいことやってるけど、ビデオリサーチでは29.5。
   ニールセンは30超えたことあるんだけどね。ビデオリサーチは超えて無いのよ。
   だから岡村(の結果を)見たときにね

   『うわっ!!やられたっ!!悔しいぃぃ~!!!』

   俺1週間くらい寝られなかったもんね。

一同)笑
木梨)このオジサン、こういう事細かいことすべて覚えてるんだよ。
   ・・・俺グーグー寝たけど。


【2008/11/11 21:55】 | ます☆ぶろ研究室    (マスコミ・ウェブ論考) | トラックバック(0) | コメント(2) 
tags:

「レッドクリフPartⅠ」見ました
きょうは午前中、自主出勤。
お仕事を済ませた自分へのご褒美として
「レッドクリフ」を見てきました。

レッドクリフ 公式サイト
http://redcliff.jp/

以下、映画を見ていない三国志ファンにネタバレしない程度で感想を。

◆やはりこの映画は家庭ではなく
「スクリーンで見る」ほうがよいと思われます。
とにかく戦場シーンの迫力がすごかったです。
馬の蹄音、金属音と打撃音、
そして馬のいななきと人のおめき声が
見終わったあともずっと脳裏に焼きつきます。
(私は焼きつきすぎて、逆に考え込んでしまいましたが)

◆その中でも、関羽・張飛・趙雲が強すぎです。
あれは実写版の『三国無双』ですね。
巨匠ジョン・ウーも遊んだことがあるのか!?と疑うのと同時に
あっけなくやられてしまう「その他大勢の兵士たち」に
思わず同情してしまうこと請け合いです。

◆実写となると、いろんなことに思考が向きますね。
「あの当時、外傷を治す薬は何だったんだろう?」
「戦場の服とかクリーニング屋がまとめて洗ったんだろうか?」
「きっと戦場では酒や水、食料を運ぶ係もいたに違いない」
「そもそもこの時代の武器ってこんなに切れ味良いのか?」
「そもそもこの時代に“紙”って簡単に入手できたのか?」

何より、
「もしこの時代に自分が生まれていたら・・・」
と想像すると、生き延びるのに必死なんだろうなとか。

◆軍師の2人(周喩と孔明)が主人公なのですが、
「戦場で刀と火に囲まれると知略も何もあったもんじゃない」
というような時代に、頭脳で生きていくというのは
「自分は人を斬るのではなく、民衆を早く平和に導くのが仕事だ」
という姿勢なのかな?と、そんなことも考えました。


最後に。
私が見た時間は年配の方も比較的多かったのですが、
映画の最後に流れる「レッドクリフPartⅡ予告編」を見て
後ろの老夫婦が一言。

「えっ、今のPartⅠだったの?」

来年の4月まで
PartⅠの中身を忘れないでいてくださると良いのですが・・・。
【2008/11/15 18:42】 | 中国古典のおへや | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:

みるみる進む!?あなぐま的文章生成術
先々週から追われていた社内報の取材&原稿書きが
ようやくひと段落しました。

今回は8ネタあって、各自1000~1500文字でしたから
トータルの分量としてはそれほど多くないのですが

(1)取材依頼(のためにプロット作成《のための情報収集》)
(2)人物の選定→アポイント取り
(3)インタビュー&写真撮影
(4)原稿作成と写真選定
(5)レイアウト決定→足りない写真等の手配


この5ステップを「8ネタ同時進行」で
ほぼ2週間で突貫工事しましたので、それなりに疲れました。

私自身のクセなのか、他の方もそうなのか分かりませんが
一番ツライのは(4)のステップです。
(1)~(3)は
「知らない人にあって自分の知らない話を聞く」
という作業そのものが相当に楽しく、ほぼ苦になりません。

聞くだけ聞いて、帰りの車では「よーしこれでOK!」と思っていても
いざパソコンに向かうと、何だか煮詰まってしまいがちです。



私が何年かの文章作成経験で開発してきた
「大量の原稿を書かなければいけない時」
のライフハック的なやつを、いくつか列挙。

・環境づくり
机の上の資料を1本分に絞り込む
「きょうやるもの」を例えば3本と決めるなら、
その分だけファイルで置いて、あとは全てしまい込む

・小さなゴールをつくる
タイトルごとにまず箇条書き
1000文字を仮に「3つのブロック」に分け、
とりあえずタイトルだけ書いてみる。
その中に材料(骨組み)を箇条書きでちりばめる
おかしければ「2ブロック」や「4ブロック」に変え、構成を固める

・制限時間を決めてみる
よし!1時間で1000文字書いてみよう
特に意味はないけれど『人は時間に追われれば何でもできる』というのが私の持論。
どんなに追い込まれても「その日放送できなかったVTR」は1本もありませんでした。
※もちろん質のよしあしはありますけどね。

・自分へのご褒美
1本書いたらチョコを食べよう、2本書いたら10分休もう
・・・分かりやすいですね。

・誘惑への対処
私は集中力がないので、すぐ他の事に気が向いてしまいます。
そこで、事をやり始める前に、30分なら30分と時間を決めて
「これ以上ないくらいに」ウダウダします。
ネットサーフィンとか。

そして30分後、自分に言い聞かせます。
「もう逃げ道はないぞ」「もう時間もないぞ」と。


この2年で一番の大物が「30000文字」でしたが、
これはあえてゴールデンウィークの初日を作業日にチョイスし、
「何とか休みの欲しい自分」モードで、怒涛の追い込みをかけました。

でも学生の皆さん、社会人の皆さん。
・・・やっぱり日々の積み重ねですよ。
だって、このブログ、過去エントリ200本ちょいで
すでに「300000文字」(原稿用紙750枚!)は軽く超えてるんですから。
自分でも驚きです。
【2008/11/25 21:35】 | ます☆ぶろ研究室    (マスコミ・ウェブ論考) | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【小論文】 【必勝法】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。