【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

a little bit more...
ぷはぁ~~。

・・・

ずいぶん長い潜水でした。
息苦しかった。しんどかった。



もう書かない。書けないかなと思ってましたよ。
時間がうんぬんではなくて、気持ち的に、ね。

いろいろあるもんで。



・・・で。

昨日の衆院選をTVで見てました。
「4年前の同じ日、自分は選挙キャップとして事務所に張り付いていたなあ」
なんて感慨にふけりながら。



ふと、思ったんです。

おい。おまえさん。
4年後は、あんたどうなってんだい?



あの日の自分だって、必死にもがいていましたよ。
今思えば、たった4年間で生活はガラっと変わってしまったけど
転がり続けたからこそ、得たものも大きいわけで。

じゃあ次の4年に私は何を体験し、何を記すんだろう?
正直、不安です。

カッコつけてばかりでは、いかんのです。
4年前、目の前で涙していた民主党候補が
地元でコツコツと活動を続けて、満面の笑みでバンザイしたように。
4年前、トップチームでF1を走っていたジャンカルロ・フィジケラが
資金難に苦しむインドの弱小チームで昨日、奇跡の表彰台に立ったように。



a little bit more...

てなわけで、1歩ずつ。
また今日からよろしくお願いします。
スポンサーサイト
【2009/09/01 00:01】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(1) 
tags:【つぶやき】

18年ぶり2回目
ここ数ヶ月で“劇的”なほど、F1にハマっています。

Formula 1
いわずと知れた自動車レースの最高峰です。

日本のF1ブームは87年、
中嶋悟という1人のドライバーの登場で幕開けしました。
そしてアイルトン・セナ、アラン・プロストという2人の天才が
人気を不動のものとしました。

私がどっぷりとハマったのは91年シーズン。
高校1年生のころ、セナが最も輝いた1年でもありました。
夜中はドキドキしながら生放送を見つめ、
レースのない日はビデオや雑誌を眺めて興奮する。
月曜日の授業でウトウトしていたのが、もう18年前ですか。


その後、プロストは引退、セナは非業の死を遂げ、
F1は、ミハエル・シューマッハという1人の天才に委ねられます。
彼はフェラーリで5年連続のワールドチャンピオンを獲得し
「赤き皇帝」「F1ターミネーター」と呼ばれました。
と同時に
「F1がつまらない」
などというムードを、少なくとも私の印象に刻んでくれました。

だって、いつ見ても勝つのはシューマッハ。
そりゃ味気なくも感じますよ。
勝ち続けることが大変なのは分かるんだけど・・・。


そして2009年。
すっかりF1に興味など失っていた私が
突如、目覚めるのです。

きっかけは何でもありません。
日曜日の夜、たまたまF1中継を目にした私。
驚愕したんです。

「マシンの形が全然違う!」
「若くて知らん人がいっぱい!!」

(と同時に昔の名前も走ってるけど・・・)


<いまF1が面白い4つのポイント>
①去年撤退したホンダが1ユーロで譲渡したチームが、
なぜか現在ポイントランキング1位を走っているブラウンGP

②そのブラウンGPのジェンソン・バトンは、
開幕7戦6勝と絶好調だったのに、謎の失速で現在絶不調

③バトンを負うのは、
史上最年少優勝の記録を持つ22歳セバスチャン・ベッテル
遅咲きのオーストラリア人、マーク・ウェバー、
さらにグランプリ最多出場の鉄人、ルーベンス・バリチェロ
・・・このうちの1人が本当にチャンピオン?と思うような面々。

④この4年のワールドチャンピオンである
フェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネン、ルイス・ハミルトンは
実力は十分あるのにチーム力が乏しい。たまに活躍。

結果、史上最大の混戦。なのです。
【2009/09/01 22:57】 | 競馬&F1のおへや | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:

えいご漬け(DS版)



これも3ヶ月前から始めました。
(DS版、中古¥1980で購入)

けっこう重宝していますよ!
オススメです。
以下、購入を検討している方のためにメモ書きを・・・。


<よい点>
・電源を入れて15秒で問題までたどりつける簡素なオープニング。

・通勤電車10~15分にはちょうど良い。
私は5問ひと区切りの設定なので、1回の乗車で3~4節は解ける。

・単純だがカレンダーに赤丸で「済」が並ぶと壮観。
途中から増える「ミニドリル」が意外にうれしい。

・運動で言えば毎日3~5kmのウォーキング、って感じです。


<ビミョーな点>
・イヤホンがないと家の中でも聞き取りづらい。

・文字認識がみょうに厳しい時がある。
電車の横揺れではキレイな文字など書けっこないので
「答えが分かっているのに認識してもらえない」
という状態にイライラすることも・・・

・ひたすらディクテーションをする教材なので
当然ながらスピーキングや文法は伸びづらい。(と、思う)
【2009/09/02 22:22】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【おすすめの本】

民主党のメディア活用力は?
まだ総理就任すらしていないのですから
あまり過熱しすぎず、長期的に見守りたいところですが
少なくとも「オッ?」と思う点が。

民主幹事長に小沢氏 菅・岡田氏の入閣確実(9/3)
官房長官に平野博文氏起用へ 国家戦略担当は菅氏が有力(9/4)
菅・国家戦略相、岡田・外相 鳩山政権の骨格人事固まる(9/5)
※いずれもasahi.comの記事

これまで新内閣人事といえば、首相の号令の下
丸1日、ごにょごにょと偉い人たちが話し合いをして
「○○派から何名」と予定調和的な指名をするのが通例でした。

今回の場合、毎日少しずつ新しい内閣の陣容が明らかになる。
国民の期待も少しずつ広がっていくような・・・
毎日新しい記事として、話題を小出しにしているのが
もし意図的な民主党のメディア戦略なのだとしたら、なかなか良いと思います。
【2009/09/06 21:58】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ニュース】

「農水省のミスター・リリーフ」だってさ
自民党:首相指名は若林正俊氏に…16日投票 (毎日.jp)
http://mainichi.jp/select/seiji/seikenkotai/news/20090909k0000m010066000c.html
自民党、首相指名は「スーパー・グレート・リリーフ」若林氏に (アルファルファモザイク)
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51506905.html


いくらなんでも
「自民党総裁」
までリリーフするなんて。

こんな人生もあるんですね。


**************************

若)えー今日もね、若林と春日でね、がんばって漫才やっていこうかなと・・・

春)皆さ~ん。・・・春日のここ、空いてますよ。

若)気持ちわりいな。誰も欲しがらねえよ!そんなとこ。

春)ヘェッ!

若)いやぁ、最近は「政権交代」なんて言葉が流行語みたいになりましてね。
  
春)今流行ってるのはテクノカットだろ!

若)はやってねえよ!そんな髪型、日本国内でもお前だけだよ。

春)ウィ。

若)自民党が野党になっちゃいまして、もう党内がズタボロで大変だなと・・・

春)皆さん! ・・・自民党総裁の椅子、空いてますよ。

若)なんだよ。今日はずいぶんうまいこと言うじゃねえか。

  まあ、私もね。
  政治家になったからにはいつかそんな大役を任されてね、活躍してみたいなと・・・

春)・・・誰も欲しがらねえよ!そんなとこ。

若)お前失礼だろ!仮にも天下の自民党だぞ!

春)春日なら1人で500議席だよ!

若)言ってる意味がよく分かりませんが。

春)ウィ。

若)やっぱりね、総裁になるためには実績が大切でして、
  私なんかはもう何度も「大臣」を経験してますから・・・

春)若林って誰だよ!?

若)誰って「俺」だよ!今までずっとしゃべってたじゃねえか。

春)・・・

若)何で黙っちゃったんだよ。

春)・・・

若)てか、お客さんも1人も「知らねえ」って顔してるじゃねえか!

  経験語ったわりに恥ずかしいだろ。

春)あ~・・・誰だ?・・・(酔ったフリ)

若)(笑)・・・やるならもう少し上手くモノマネしろよ。

  中川大臣が談志師匠みたくなってるじゃねえかよ。

春)スーパー家庭教師で決まり!

若)なんで立川流一門出てきたんだよ。

春)自民党惨敗、ガッテンですか?・・・ガッテン、ガッテン・・・

若)・・・どうしていいかわからないので、スルーしますけれども。

  まあ、こんなご時勢ではありますけれどね。
  わたくし若林、自称「スーパーリリーフ」としてですね、
  これから荒波を乗り越えて・・・

春)お前、こんな不利な時代に「総裁」として本気で挑むつもりか?

若)いや本気で思ってたら、リリーフごときが総裁選に登場しねえよ。

  というか、もうちょっと若い候補を本気で選ぶだろ。

春)へへへへへへ

若)お前だけ笑うのかよ。いつもと逆じゃねえか。

**************************
【2009/09/09 00:15】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【つぶやき】

ブログは匿名か?実名か?
ありがちな議論だとは思うんですが、
ネットでの情報発信を「匿名」で行うべきか「実名」で行うべきか
非常に難しい問題ですよね。


Geekなぺーじ 実名-匿名
http://www.geekpage.jp/web/blogging-theory/blog-anonymous.php

 実名でブログを書くか、匿名で書くかは大きな問題です。匿名で書いていたブログを途中から実名に切り替える事は可能ですが、実名で書いていたものを匿名に切り替える事は出来ません。そのため、特に理由が無い場合には匿名でブログを開始することをお勧めします。
(中略)
 大きな企業などに勤めている場合、本人が意図しなくても読者から「会社の意向」と受け取られてしまう場合があります。また、会社のイメージが個人に付きまとってしまう場合もあります。そのため、大企業に勤めていたり、有名な組織の一員である場合は実名ではなく匿名でブログを書く方が良いと思われます。



今日は、仕事終わりで、この春定年退職した大先輩のお宅へ。
第2の人生でスタートした事業に関して
「どうやってネットでアピールするか」みたいなお話をしてきました。

個人事業、ということでどうしても実名で情報発信せざるを得ないのですが、
やっぱりそれって大変なことだと思うんですね。いろいろと。
私としては大いなるチャレンジを応援させていただくつもりで、
自分のブログも紹介しつつ、いろんなお話をさせていただきました。

で、望外なお褒めの言葉もいただき、
帰りの電車でふと思ったんです。

「あれ?また自分のブログを知っている人が増えてしまった・・・」

私の場合は匿名で書いていますが、
いろんな機会があるたびに「ブログって良いですよ」みたいな話をします。
つい自分のページを検索してみせて、
管理ツールとしての優秀性や自分なりの検索エンジン対策など
いろいろとご紹介してしまいます。

気がつけば。
いつもお世話になっている取引先のAさん。
大学からの友人Bさん。
未来ある浪人生のCくん。
となりの席で働く同僚のDさん。
・・・さまざまなリアル空間での皆様が、このブログの存在を知ってくださってます。

となると、下手なこと書きづらいですね。
「もうちょっと記事の質をあげなければ」
「具体的な記述は避けようかな」
「これはあの人へのこっそりメッセージ」
いろんな雑念を持ってしまいます。

ともあれ、実名でブログをやるのってすごく大変だなと改めて感じるこのごろ。
もうしばらくは匿名の気楽さを味わいたいのですが・・・(自業自得?)
【2009/09/10 00:31】 | ます☆ぶろ研究室    (マスコミ・ウェブ論考) | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ブログ】

記者発表案(ただし妄想)。
シルバーウィークも最終日。
皆さん、お出かけの疲れは残っていませんか?
私も渋滞に巻き込まれて、ご飯やさんは大行列で・・・ETC効果はスゴイ。


さて、久しぶりに
夕方のローカルニュースをじっくり見ました。
お気づきの方もいると思いますが、祝日のニュース番組(ローカル)は
非常に薄い。
というのを再認識しますね。
=「内容が薄い」という意味です。


たとえば30分のニュース番組があると想像しましょう。
その中には「8~10本のストレートニュース」と「2本の企画VTR」があって
最後にお天気コーナーがあって・・・みたいな。

もし月~金の通常営業日であれば、まずもって8~10本のうち
半分程度が“パブリックなネタ”で埋まります。
つまりは行政主催の行事やイベント、知事会見や地方議会、
裁判、警察の行事、各種機関の統計発表など、
公的機関が地方ニュースのネタを支えているといっても過言ではありません。
さらに地元企業も、社員が平日働いているので
何かのイベントや記者会見のたぐいはすべて営業日の平日に開きます。

でも祝日は役所も休み、裁判所も休み、会社も休み。
その日のニュースはどうしてもネタが少ない。
というわけで「内容が薄い」という感じになってしまうのです。

“続いてはイベントの話題を3つ続けて・・・”

(んなもん、どうでもいいわ・・・)みたいな。


で、思ったんですが、
企業の製品発表とか明るい話題提供を
あえてこういう日にぶつけてみてはどうかな?
と・・・

<メリット>
・平日であれば「行政もので、クルーが(or紙面が)足りないので・・・」
と断られがちな企業の記者発表も、
ネタが不足しがちな祝日であれば取材してもらいやすい
・さらに面白ければ「尺を長くする(紙面を多く取る)」可能性もある

<必要条件>
・「会社内でただ発表する」よりは「外で市民も交えて」と、公共性を持たせる
・祝日=家族でも見られるよう、テーマ設定やエッセンスを加える必要も

<課題>
・関係する社員は休日出勤になる=手当が必要
・「発表(イベント)後の記者からの問い合わせ窓口」を会社にしづらい
⇒広報担当者は会社に詰めて、問い合わせに備える必要

<提案>
・「取り上げてもらうために休日手当もやむなし」との上の理解が必要
(社員も自宅でニュースを見られる=インナーブランディングの一環)
・広報担当者は問い合わせ用に会社支給の携帯電話を持つ
(在宅でも問い合わせに応じることが可能。ただし危機広報時は使わない)

地方の企業広報担当者の皆様。いかがでしょうか?
【2009/09/23 20:22】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(4) 
tags:【ニュース】 【広報】

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。