【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

「好きなテレビ番組」は何ですかと問われたら
エントリーシートや面接の質問で
「好きなテレビ番組は何ですか?」と聞かれたら
何を答えるべきか、一瞬迷いませんか?
私なりのアドバイスを書いてみようと思います。


【大前提その1】
「そのエリアとは縁もゆかりもなく、番組も見たことがない」
という受験者も多くいるはずです。
この場合は「友人の友人や親戚を頼って何とかVTRを手に入れる」
「Webサイトを上手に活用して情報を入手する」
などの工夫をしましょう。そしてうまくアピールする選択肢を広げましょう。

→詳しくはこちら
あなぐまの就職自戦記(9)本命へのアプローチ

【大前提その2】
「自分がめざす仕事」と関係ある番組を選びましょう。

報道志望なのに、好きな番組に「ドラマ」を挙げて
「あの主人公みたく、カッコよく現場を駆けずり回りたい」
などというPRをするのはあまりにも的外れです。
報道志望であればニュース関係、制作志望であれば各志望ジャンル、
技術志望であれば制作技術が優れていると思う番組を選びましょう。
(それ以外の方はどれでも構わないと思います)

その上で「自分ならこんな番組を作りたい」という結論に
必ず結び付けられるように、番組と理由を選びましょう。

<いかにもダメそうな理由>
カッコイイ&面白い → それはどこから来ているか?の視点が欲しい
スケールが大きい → 特に地方局は低予算。「違うとこ行け」てな話に
○○さんが出演してるから → それは出演者の魅力。局の魅力じゃない



さて具体論。どの番組を選ぶのか?です。
A社という地方局があるとしましょう。選択肢は4つあります。

(1)A社が自社で制作・放映している番組を選ぶ
(2)A社の系列で他社が制作・放映している番組を選ぶ
(3)A社の競合他社(同エリア)
(4)A社の競合他社(系列の違う別エリア)



(1)A社が自社で制作・放映している番組
これは一見無難そうな答えですし、
「御社への愛着」をアピールできる効果もあります。
しかし「なぜですか?」と問われた時、困ってしまうケースもあります。

例えば面接官が制作プロデューサーだったとします。よくある話です。
彼の前で、あなたが訳知り顔で
「地域密着というアプローチが好感を持てます。
演出もキー局の技術に負けてないと思いますよ・・・」

などと語ったとして、彼はどんな印象を抱くでしょうか?
何だか面映ゆい感じがしませんか?ちょっとリスクがあります。

その点でさらに無難そうな選択が
(2)A社の系列で他社が制作・放映している番組 です。
面接に関わる人であれば、ある程度社歴が長く、系列もよく知ってます。
たぶん話は通じるでしょう。
ただ「なぜ当社番組ではないのですか?」「当社番組ではどうですか?」
との追加質問は覚悟しておかなければなりません。

同じような選択が
(4)A社の競合他社(系列の違う別エリア)
「なぜ我が系列ではないのですか?」「当社番組ではどうですか?」
とは聞かれるでしょうね。

つまり
(1)(2)(4)はそれぞれ一長一短なので
この中から複数
(たとえば1と2、1と4)を組み合わせる
のが、リスク分散という意味でも良策かと思います。


逆にやっちゃいけないと思うのは、
(3)A社の競合他社(同エリア)
「・・・はいはい。じゃあそこの局に行っちゃって下さい!」
という反応をいただけることうけあいです。
これを挙げ、かつ面接官を納得させられる受験者はかなりの強者です。

いっそのこと(5)海外の番組を選ぶという手段もあります。

きちんとした説明ができれば
「非常によく勉強しているな」という印象を与えるでしょう。
ただ、あまりにマニアックな番組・理由であれば
「話の分かりにくい奴」という印象を与えてしまいます。
ちょっとした賭けですが、目立つのは間違いないでしょうね。
(5つ目を思いついた方は素晴らしい。発想力が豊かな証拠です)
スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/04/21 20:11】 | 書類・試験にひと工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【面接】

<<面接の最後に「何か質問はありますか?」 | ホーム | 地方局Webサイトをめぐる旅~⑥新潟エリア >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/126-d823ea6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。