【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

広報にふさわしい表現って何だろう
最近、社内報やCSR報告書など
いわゆる「広報」の原稿作成に追われています。

「こんなテイストでいいのかねえ・・・?」

ふと自分の作品を読み返して思うのです。

基本的に社内の良い出来事を
より良く見せるために文章をつづる
のですが、
自分の表現がどうも中途半端な気がするのです。

周囲からも「分かりやすい」とは評価されるのですが、
はたして「伝わったのか?」「感動を呼んだのか?」となると不明・・・。

「広告」やキャッチコピーはずいぶん苦手です。
「報道」のように事実を整理して提示するのはまあまあ得意です。

じゃあ広報はどちらの立場に立って
どんな表現を用いればいいのだろう?
苦心しています。


・・・あ、そうか。

「広告」と「報道」の両方の側面があるから、
「広」「報」なのか。
スポンサーサイト
【2008/05/13 22:32】 | ます☆ぶろ研究室    (マスコミ・ウェブ論考) | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【つぶやき】

<<グループ討議ではどのポジションが有利? | ホーム | 「報道制作的な」仕事の進め方は効率的だけど…>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/139-cdef70c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。