【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

グループ討議ではどのポジションが有利?
私が就職試験から内定をGETするまでの過程は
「あなぐまの就職自戦記(10)採用日程と実際の質問」
に詳しく書きましたが、
当時「どうしたらいいのだろう?」と感じたのが、
グループディスカッションでした。


<私が経験したグループ討議>
・5人1組で1つのテーブル、1部屋に5組いる
テーマは「新番組の企画を作ろう!」時間は30分。
・面接官は1部屋に3人程度。彼らは特に口を挟まず、
黙って私たちの行動を見ながら何やらメモを取っている


悩み①良い企画を作る(他チームに勝つ)のは条件?

たとえば3人の面接官が、討議終了後に話し合って
各チームに「1位~5位」の順位を付けたとしましょう。
私が面接官ならこのあたりに意識が向くと思います。

・1位チームのメンバーは良いのかもしれない
→もし仕切っていた人物がいるのなら、買ってみたい
→あるいは、良い意見を出した人物は誰なんだろう?

・5位チームのメンバーは良くないのかもしれない
→チームの中に捨てがたい人材はいないだろうか?
→なぜこのチームはあまり目立たなかったんだろうか?

逆に言えば2位~4位のチームメンバーは
「可もなく不可もなく」というカテゴリに入れると思います。


で大切なのは、判断材料としてのウエイト(比重)です。
「グループ討議で負けたチームだから、この人は不採用」
と安直に決められるほど、就職試験は単純ではない
です。

たとえば私が受けた試験では50人が20人に絞られました。
筆記試験と面接も一緒に行われた上での「グループ討議」です。
おそらく面接官は
「受験者 対 面接官」という構図の中では見られない
「受験者同士」の中で現われる個性を見たい、と考えています。

であれば

「グループ討議でうまくいったらラッキー!
もし失敗しても致命傷にならない程度ならいいじゃん」


と今の私なら考えるでしょう。(当時は分かりませんでしたが)
発表の出来・不出来は気にしすぎず、
“自分らしくふるまう”ことを第一義としましょう。



悩み②集団の中でどのポジションを取るべきか?

私は「仕切りたがり」な人です。
実際の試験でも、最初こそまわりの様子をうかがっていましたが
けっきょく仕切ってしまった記憶があります。

で、試験が終わって
「自分が仕切ったばかりに、相手の意見をつぶしたりしてないか?
“目立ちたがりで協調性がない”というイメージを持たれないか?」

という点を不安に思いました。

今、社内研修などで
新入社員にグループワークをしてもらうことがあります。
私はその様子を2時間程度じっと観察するのですが、
やっぱり印象に残るのは
「仕切れる人」「意見を出せる人」「説得力のある人」です。


他人の意見をじっと聞き、うなづくことも当然大切です。
自分の意見を二の次にして、協調性を重んずることも必要です。

でも、放送局(マスコミ)の試験で
50人から20人まで絞られるような状況であれば
「仕切る」「意見を出す」どちらかのポジションを狙いませんか?

というのが現在の私の意見です。

ただし上で書いたように「うまく行けばラッキー」くらいの気持ちで
ココロを穏やかに、決して強引にならないように気をつけましょう。
(※意見を出すのが苦手なら、発表役だけでも立候補しましょう)


悩み③落ちたとき、どう自分で反省すればいい?

もしグループディスカッションを含む試験で落ちてしまい、
「あの時、こう討議したのがまずかったんだろうか」
「どこのどいつか知らないが、こんな結論にしたからだ」

などと後悔するのは、答えがないだけにツライですね。

グループ面接も同様のことが言えますが、
「他人」を含めた試験は100%戦略通りに進めることが困難です。
「7割は自分が出せたかな」くらいなら上出来。


そのかわり、必ずグループ討議(面接)は単独で実施されません。
不運にも落ちてしまったら、グループのことは忘れて
「筆記がまずかったかな?」「面接、もっとうまくできたかな?」
と違う試験の方に理由を帰結させたほうが、自分のためですよ。
スポンサーサイト
【2008/05/14 20:30】 | 書類・試験にひと工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【面接】

<<同じ人間なのに「男」と「男性」 | ホーム | 広報にふさわしい表現って何だろう>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/140-5fc72696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。