【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

元同業者でも恥を覚えます~NHKインサイダー問題
NHK職員によるインサイダー取引のニュース。

元同業者とはいえ、まったく恥ずかしい限りです。
世間より早く新しい情報を得るのはこの職業の宿命で、それを私利私欲に用いるとは・・・。
「マスコミ人としての矜持」などというものを求めるのは、もはや時代遅れになのでしょうか?

ニュースにスクープは必要か?
http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20080118/p2

これはマスコミ全体の問題だ!
http://blogs.yahoo.co.jp/eschete99/30853843.html

この件に関するエントリを検索するとたくさんの記事がありました。
中でも怒りが強く感じられた2つのブログ記事を紹介。
ご意見はごもっともだと思います。

ちなみに「ニュースにスクープは必要か?」というテーマは、
キー局で人員が豊富にいて、抜きつ抜かれつの勝負を繰り広げている方々の世界の話で
地方局の人員不足の中で枠を埋めるのに精一杯だった私の経験では何とも言えません。
私は「日々の取材をいかにこなし、限られた時間の中でいかに分かりやすく説明するか」
だけに腐心していた、ジャーナリストとは程遠い職業記者”のような働き方でしたから。


このブログはマスコミへの就職を志す方を応援しています。
皆さんにあらためて考えていただきたいのは、
「テレビ局」というのは運営主体が公共であれ民間であれ、
モラルやコンプライアンスに対する世間の目が非常に厳しいということ。
記事の中で公務員や企業の不祥事に対して厳しい姿勢を取るからには、
「自分の行動に1点の曇りもあってはいけない」と肝に銘じるべきです。

たしかに私が見てきたテレビ局員の中には
非常識というか、浮世離れした人(よく言えばユニークな人)も多い。
たとえば駐車違反、スピード違反、ギャンブル、接待など
一般の社会人なら「つい」という部分で脇が甘いと、とんでもない事になります。
現役の方がもしこのブログを読んだら、もう1度自分の行動を見つめ直して下さい。
(こんなこと、わざわざ書かなくても当たり前の話ですが・・・)

ちなみにYahoo!ブログ検索で「マスコミ」と検索したところ
ほとんどが「マスコミを非難する記事」ばかりです。
まったく寂しいことです。
スポンサーサイト
【2008/01/18 22:50】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(1) | コメント(0) 
tags:【ニュース】

<<インタビューの必要性~センター試験の編集から | ホーム | 志望動機が書けないならまず「問題の切り分け」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/15-8d1dbaea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[アンチマスコミ就職読本]ネット社会でマスゴミが負わされた新たなリスク・・・それでも貴方は目指しますか?
■[アンチマスコミ就職読本]ニュースにスクープは必要か?id:HALTAN:20080118:p2 に対し、こんなトラバを頂きました。 <ニュース批評>元同業者でも恥を覚えます あなぐまのマスコミ塾~テレビ局のこと、教えます。http://anaguma1.blog98.fc2.com/blog-entry-15.html 自 躁うつ病高齢ニートの映画・TV・床屋政談日誌【2008/01/19 00:33】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。