【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

就職のために浪人・転部・編入学?
ある学生さんのお話。

彼は一浪してこの春から地方の私大に通っています。
東京の有名私大に2度チャレンジをしましたが、残念ながら不合格
「仕方なく」現在の環境を選ぶことになりました。

そんな彼が
「秋募集の大学入試を受けるべきか、
もしくは3年次の編入を目指すべきかで迷っている」

と人づてに聞きました。

いずれにせよ、将来目標とする仕事に就くためには
東京に行った方がチャンスも多いし、自分も伸びる環境がある

そういう考えです。
私も彼の受験時の成績などを知っていますが、
合格できるチャンスは決してゼロではないと思います。


あなたならどうしますか?


ポイントとなるのは
「環境は個人のポテンシャル・可能性をどこまで高めてくれるのか」
という問いだと思います。

私自身の経験で言えば、
大学生活で出会った友人・先輩との多くの対話や経験が刺激となり
自分自身の伸びしろを広げ、方向性のようなものを定めてくれた
と思います。

つまり刺激のある環境が人のポテンシャルを高める効果がある。
これは事実だと思います。


ただひとつ考えていただきたいのは
「自分が望む環境に、いま自分がいられないのは何故だろう?」
ということです。

それは「運が悪い」のではありません。
人は放置しておけば、自分が居心地の良い場所に流れてゆきます。
あなたが今いる場所は、あなた自身が選んだ場所のはずです。

新しい環境に飛び込むから、人は変わるのではありません。
自分自身を受け入れ、否定して、傷ついて、立ち上がるからこそ
人は新しい環境に飛び込んでいく価値があるのだと思います。

スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/06/02 21:55】 | 求められる人材像とは | トラックバック(0) | コメント(1) 
tags:【必勝法】

<<記者がブログで取材の裏側を語る(らしい) | ホーム | 「個人的な質問」もOKです>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/08/24 06:28】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/157-f23cf2db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。