【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

第一志望ではない企業からの内定→断るべき?
久しぶりにどっぷり就活噺を。

就職氷河期の私には信じがたい話ですが、
現在は売り手市場

「ま、とりあえず受けておこうか」

という軽いノリでエントリした会社なのに

「うわ。内定をもらってしまった」

なんてこともあるでしょう。


内定が出た後のフォローは各社それぞれですが
私は「誓約書」のようなものを書かされ、
そこに「保証人」と称して第三者の捺印を求められました。

たとえば親戚にお願いして、捺印までしてもらうと
「これを断ってはマズイよなぁ」
と悩んでしまうのも当然ですね。

他には拘束旅行・拘束イベントのようなものも
かつて存在したようですが、現在はどうなんでしょうか?



簡単に言ってしまうと世話ないようですが
あなたの第1希望ではなくとも
「感じの良い会社だな」
と感じているならば、まずは内定を承諾して
手続きを進めてみてはどうでしょうか?


就職活動を続けるかどうかは、ご自由です。
ただしばらくは双方に嘘をつきながらの活動になりますし、
モチベーションの継続など含めて、けっこう大変だと思いますよ。
それを覚悟した上で頑張ってくださいね。


そして、もし2つ目の内定が出て
後者のほうを選ぶと決めた時、どうするか?


「一生に一度のワガママ」と決めて
まず、先に内定をもらった企業にすぐ断りを入れましょう。
メールはダメ!です。まず電話。そして必ず訪問して詫びます。

なぜなら相手は予算を投じて採用活動をしているからです。
「金返せ!」とまではいかなくとも、損失たるや相当のものです。
それに採用担当者は内定者に愛情を持っています。
気持ちに報いるためにも、直接会って誠心誠意自分の想いを伝えましょう。

捺印をしてもらった人にもお詫びをします。
そして何より大事なことは、それほどのワガママを言ったからには
後者の企業で精一杯チャレンジして、ちょっとやそっとの事で落ち込まず
さらなる覚悟を持って社会人生活を送るべきだ
ということです。
スポンサーサイト
【2008/06/19 20:39】 | 労働条件も大切です | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:

<<あなたの言葉づかいは大丈夫? | ホーム | テレビのニュース原稿ならではのNGワード>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/172-dc3870f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。