【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

続・あなぐま就職自戦記[1]新人の私がそこにいた
人には誰でも「黒歴史」なるものがあります。


週末。
PCの古いファイルを何気なく探索すると
「就職したばかりの頃の私が書いた日記」が見つかりました。


おお。そういえばこんなのも書いてたな。
当時の生の声だからすごく貴重だ。
・・・そうだ!
これを加工して「あなぐまのマスコミ塾」の
教材としてぞんぶんに活用しよう。



そんなことを思ったのですが、何が「黒歴史」かというと
当時の私、なんと実名(!)で日記を公開してたんですね。
すっかり忘れてました。

トップページに姓名も放送局名も完全に晒して
約1年、60エントリ近くも赤裸々な想いを綴っていました。
ブログの「ブ」の字も一切無かった2000年のお話です。

・・・まさに怖いもの知らず。

「当時の上司はどう思っていたんだろう?」
社会人9年目の私から見れば冷や汗の出る話です。


とはいえ、文章そのものは貴重です。
固有名詞などは伏せつつも
「大学を出たばかりの1年生な私」が感じていたことを
できる限りそのまま掲載したいと思います。

※私の文章力が上がったかどうかはさておいて、
読み返すと非常に「下手な」文章が多々あります。
ところどころ、9年生のあなぐまがツッコミを入れます。



*************************
その1「自己紹介です!」(2000年3月19日)

引っ越して3日が過ぎました。部屋の中がずいぶん落ち着いたので、ようやくホームページ製作に取りかかったところです。

さて、簡単に自己紹介から。私あなぐまは、ホニャララ県の出身です。(以下略)なぜ「あなぐま放送」に就職したのか、という理由ですが、簡単に言うならば「ご縁があった」ということだと私は思っています。ですから私はこの会社に惚れている、といっても過言ではありません。その延長線上にこのホームページを作ろうとしたきっかけもあります。話せば長くなりますので、続きはそのうちということで。

 <- 接続詞の使い方がぎこちない⇒文章はもっとスリムに

このページのコンセプトは「あなぐまが放送局に就職して、仕事の中で感じたことをお伝えする」ことです。僕と同じように将来ジャーナリストを目指す方々や、同じ業種の方々を中心に、ホームページ上ではなかなか見ることのできない「放送局員の日常」を一緒に体験していただければ幸いです。仕事でもホームページでも、どちらにおいても私は新人です。ですから、さまざまな問題がこれから先起こるかもしれません。未熟さはどうぞご容赦いただいて、お付き合いください。

 <- 8年前も同じこと言ってんのね、私ったら。(照

さて話は戻ります。
私が現在不安に思っていること、それは「4月にどの部署に配属されるのかな?」という問題です。私の目指す将来の仕事は、日本における地方の存在を今以上にアピールすること、伝えていくことだと思っています。つまり、放送局の「報道」の仕事がやりたくてこの会社に入りました。しかし放送局には「報道」以外にもたくさんの部署があります。私は「一般職」での採用なので、どの部署に配属になるかは自分では選べません。

私の気持ちは二つに分かれています。

ひとつは
放送局でいい仕事をするためには、「営業」「編成」「制作」その他、なるべくたくさんの職種を体験し理解して、その上で自分のやりたい仕事をやるべきだ」という思いです。

もうひとつは
いい仕事をするためには、若いうちからひとつの部署でずっと頑張って、その道のプロフェッショナルになるべきだ」という思いです。

この二つの思いで日々ゆれています。ただ自分の思いとは別に、4月になれば配属先は決定されるので「考えてもしょうがない」というのが今のところの結論です。
*************************


「実際問題、希望する部署で働けるとは限らない」
というエントリでも書きましたが
学生時代は「自分が希望する部署以外で働く姿」を想像できないので
それほど切迫感はないのかもしれません。

しかし企業で働けば、このような不安は尽きることはありません。
会社の人事異動だけは個人の意思ではどうにもなりません。
私も身をもって知りました。(今も同じですが)

でも長い人生、山も谷もあって、思いどおりになっている瞬間よりも
思いどおりにならない状況の方が圧倒的に多い
というのが真実です。
いつか来るであろうチャンスを待ちながら、
ポジティブに力を溜めるべきだったんだなぁ・・・と思います。

次回は研修の話です。


続・あなぐま就職自戦記[2]入社前研修を読む
スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/06/23 23:00】 | あなぐまの就職自戦記 | トラックバック(0) | コメント(1) 
tags:【体験談】

<<続・あなぐま就職自戦記[2]入社前研修 | ホーム | あなたの言葉づかいは大丈夫?>>
コメント
はじめまして
いいブログですね^^

小さな居酒屋やってます^^
将来が不安です

ブログはじめました
【2008/06/24 19:29】 URL | くろ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/174-e7a9be84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。