【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

あなぐまの就職自戦記(7)面接の失敗を「糧」に!
ここ2回は、私の失敗経験を書いてきましたが
「失敗した面接ほど得るものは大きい!」
と声を大にして言いたいと思います。
めげるな、マスコミ志望者!

私の場合、在阪の2局や他の局でそれぞれ違った経緯の失敗をしたことが
内定(別エリアの地方局)につながりました。
過去のエントリまとめの意味も込めて、「成長フロー」を書き記したいと思います。
どう自分をブラッシュアップしたのか、ご覧ください。

当初のエントリーシートでの自己PR&志望動機は、以下の要素で構成されていました。

○自分は地方テレビ局だけを受験している。東京中心の報道に一石を投じたい。
○田舎のまちづくりが研究テーマだ。(以下、事例を紹介)
○昔から人の話をまとめるのが好き。さまざまな「人の生」をクローズアップしたい。


キー局のエントリーシートは書いていませんが、
N○Kの地方採用と大手新聞社のESを年末年始に書いたのが初めての経験。
ところがN○Kは出して間もなくあっさりと落選。そして気づきました。

気づき①
なぜこのエリアなのか?なぜウチの局なのか?固有の理由が入っているべきである

→解決策①
エントリーシートを書く前に「その局ではどんな番組づくりを目指しているか」
「エリアではどんな話題がホットなのか」などを1社ずつ調べることにしました。

(もちろん面接前には集めた資料などを読み込んでおきます)

そして1月~2月くらいから本格的に各社の筆記試験・面接などが始まりました。
何度か経験するうちに、用意したものをただ読み上げるだけでは効果が薄いと気づきます。

気づき②
持ちネタを練り上げるのは確かに大切だが、面接はあくまでも「相手との対話」である。

→解決策②
いかに「会話っぽく」表現するかに注意を払いました。相手の反応を確かめるのがポイント!

※詳しい手法については、こちらからどうぞ
→あなぐまの就職自戦記(4)面接は「会話っぽく」

在阪の準キー局のひとつ、A○Cでは1次面接落選を経験。
用意した自己PR・志望動機をうまく表現したはずなのに、空回りしたのです。

気づき③
自分の自己PRや志望動機を練りこんでいくと、どうしても「カラー・個性」が出る。
志望者が1人1人違うように、テレビ局もそれぞれ個性があるのだから、
「予定どおり自分をPRできたら、すべての局で受け入れられる」というのは間違い。

→解決策③
落ちた場合自分にはあの局は合わないんだ”と諦めるのも大切。
逆に言えばあなたと相性のよい局もあるはずだから「自分らしさがブレないこと」も大切。


ある局では、2次面接まで進むことができたのですが
「本当に大阪住む気あるの?!」と圧迫気味に迫られ、しどろもどろに。
正直なところにわか仕込みで作った志望動機で受かったらいいな”とは思っていても
本当にその局に受かるつもりで愛情”のようなものまでは持ち合わせていませんでした。

気づき④
1次面接では「他の志望者より抜きん出ている人」を絞り込んでいくが
最終面接に近づくにしたがって「ウチの局に来てくれる人・欲しい人」を絞り込んでいく。

→解決策④
会社案内やネットの採用情報などとおりいっぺんの情報”では足りないと感じ、
どうやったらその局の詳細を知り、愛着&覚悟を見せられるか?を真剣に考えました。


これらのステップを経て、とある地方局に内定をもらうことに至りました!
次回、詳しいスケジュールや心境も含め、赤裸々に(でも身元がばれない程度に)
書き綴っていこうと思います。


あなぐまの就職自戦記(8)ネットが生んだ相思相愛?を読む
スポンサーサイト
【2008/01/21 20:43】 | あなぐまの就職自戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】 【面接】

<<書き続けることが「答え」だ、と言い切ってみる。 | ホーム | 本日寒すぎ。こんな日に記者が思うことは?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/19-b4c2b774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。