【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

漁船の一斉休漁・・・ほかに成すべきことは?
油は高い。魚は安い。
私たちにどうしろというのか!



先日のニュースで報じられていた
青森かどこかの漁師さんの叫びです。
確かに悲痛です。
私も投機による原油高騰には憤りさえ覚えていますが、一方で
「一斉休漁以外に、方策はないものか?」と疑問も抱きます。



私の実家は「島」です。
父は船で商売(人を運ぶ海上タクシー)をしていましたが
諸事情により先日、船を売却しました。
今は雇われて、漁師をしています。

重油の高騰はとんでもない勢いです。
10年前の約4倍。

しかし海上タクシーの料金は、組合が定めた一律価格だったので
もし商売を続けていたら、今ごろ「赤字の泥沼」でしょう・・・。

で、漁師になった父の話によると、
今は月に10日前後しか漁に出ていません。
原油高騰に加え、近海での魚の数が減っていて
「漁に出ても赤字」という状態になりかねないからです。


さて、冒頭の言葉を伝えたニュースでは
その後こんな解説を加えていました。

1)重油の高騰
2)しかし「魚の価格」を上げることはできない
3)なぜなら市場は魚離れが進んでいるから
若者の声「魚?・・・あんまり食べない」
4)このままでは廃業する漁船が増える
5)漁獲高が減るので、需給の関係で価格は上がる
6)ますます魚が敬遠される → 悪循環ですねぇ・・・


もちろん、それなりに理屈は通っているのかもしれません。
しかし「一斉休漁」の根拠は、

国に支援をして欲しい!

の1点張りで、ビジネスとしては根本的なことが欠けています。
「魚離れ」を食い止めることがまず先決だと思いませんか?

たしかに消費社会は成熟して、人々の価格への要求はシビアです。
でもその一方、一連の偽装や諸問題を通して
「良い食べ物・安心できる食べ物はそれなりに高い」
ということを消費者は学びつつあります。

魚に好き嫌いはあるでしょうが、魅力的な食べ物です。
そもそも日本は島国で、海の恵みに支えられて生きてきました。
上手に「ブランドづけ」「美味しさのプロモーション」ができれば
悪循環は食い止められるはずなのです。

しかし昨今の魚プロモーションは
「さかなクン」にしろ、「おさかな天国」にしろ
メディアが仕組んだ「ラッキーパンチ」的なネタに任せっぱなしの印象です。

一斉休漁を仕組んだ、漁連のエライ方々。
どうか、日本の美味しい魚が適正な価格で取引されるよう
もっと積極的にブランディングや広報を学んでくれませんか?

お米の人たちは頑張ってますよ。
スポンサーサイト
【2008/07/17 22:17】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ニュース】

<<私にとっての最善手とは? | ホーム | 将棋界の長嶋・野村?~羽生善治と森内俊之>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/190-d4397d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。