【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

オリンピック中継で学ぶ「テレビ局のお仕事」
マスコミ就職を目指す方であれば、
金メダリストの華やかさに酔いしれると同時に、
「その感動をいかに視聴者に伝えるか?」
をテーマに番組を見てはいかがでしょうか?

というわけで、五輪中継を題材に
テレビ局のお仕事やカラクリについて書きます。


1)国際映像はなぜ必要?

オリンピックは世界各国で報じられる関心事です。
今回は200以上の国が参加していますが、
もし1つの国に平均3つのテレビ局があると仮定すれば
600局が現地で取材をしていることになります。

たとえば1社単独で水泳を中継するなら
「天井」「水中」「両プールサイド」「インタビュー」
少なくとも計5ヶ所にカメラを設置しなければなりません。

もし600局が全部単独でそんなことしたら
会場は3000台のカメラであふれかえってしまいます。

選手は競技どころではありませんよね?
そこで「国際映像」の登場とあいなるわけです。
※新聞と写真の関係についても同じことが言えます。


2)さらなる疑問~日本人選手の映像

ところが実際の放送をよく見ていると
国際映像なら均等・公平に選手や会場を撮るはずなのに
「日本人選手の表情」「日本人の応援団」がやけに多いです。

また日本人選手のインタビューも独自に行われています。

正確に見分けることはできませんが、
おそらく独自の映像をミックスしているのだと思われます。
NHKと民放は協力・分担して各会場の中継をしますから
「日本の報道チーム」として独自のカメラを何台か会場に設置し、
国際映像に織り交ぜて「より日本人に魅力的な中継」を目指します。
※個人的には民放アナの実況がNHKで流れるだけでも
何だかうっすら感動してしまうのですが・・・。


ちょっと専門的な話ですが
「国際映像と独自映像のスイッチング」を
どうやってスムーズに実施しているかは謎です。
NHKの女子レスリング中継で
「金の全身タイツで吉田選手を応援する江頭2:50」
が映し出されてしまいましたよね。

もしNHKのカメラマン・ディレクターが担当であれば
(エガちゃんのキャラクターや過去の事件等を考慮して)
わざわざファインダーを向けることはないでしょうから、
おそらくあれは国際映像のなせる業で、
NHKとしては(あるいは日本中継陣としては)
“意図せずに流れてしまった映像”ではないかと推測します。


あすは「スタジオ回し」の重要性について書きます。
スポンサーサイト
【2008/08/18 19:56】 | 放送局の気になる実態 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】

<<オリンピック中継で学ぶ「テレビ局のお仕事」 2 | ホーム | しばらく>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/195-82b34b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。