【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

この人を選んで、信じたのだから仕方がない

星野JAPANにファン失望「まるで消化試合」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20080823047.html
(途中から引用)選手たちも皆、うなだれた。3点本塁打を放った青木宣親選手(26)は「国民の皆さんに申し訳ない」。主将の宮本慎也選手(37)も「本当に申し訳ない。責任を感じている」と話し、出てくるのは謝罪の言葉ばかりだった。
 スタンドで声援した兵庫県伊丹市の島野幸子さん(32)は「ベンチから声が出ていない。チーム全体で盛り上げようという元気がなかった」。東京都の会社員(38)は「まるで消化試合。これが実力か」と手厳しかった。 (共同)


・・・おっしゃる気持ちは分かりますけどね。
でも、本当のプロ野球ファンなら、知ってるはずです。

星野さん、短期決戦は弱いんですよ。


こちらをドゾ。

星野仙一(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E9%87%8E%E4%BB%99%E4%B8%80

星野監督はセリーグで通算13シーズン、監督として指揮をふるい
優勝3回、2位5回、3位1回。
13シーズンでAクラス9回なので、非常に優秀な監督と言えますが
見方を変えると
「9シーズンも優勝を狙えるチャンスがあったのに、優勝は3回だけ」
とも言えるのです。

さらに。

3度、日本シリーズに挑戦したが
ついに1度も「日本一」の栄冠は勝ち得なかった。

これは大きな事実です。

選手にとっては「心を通じ合える」優秀な監督ですが、
逆に言えば「非情には徹しきれない」のかもしれません。

何より、星野さんの作るチームは
もれなく
打てない。
これも短期決戦で苦労する理由かもしれません。


だからある意味、はじめから分かっていたことだし、
それでもこの監督を信じて、応援したのだから
悔いはないよ。

・・・そんな意見を持っているファンだって
いるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
【2008/08/23 20:32】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ニュース】

<<五輪は終われど、テレビ局はここから正念場 | ホーム | ウサイン・ボルトが陸上競技人口を減らす!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/199-5a83591d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。