【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

羽生VS渡辺~かくして歴史的勝負の幕が上がる
将棋に興味がない方もぜひ知ってほしい出来事。

第21期竜王戦七番勝負が開幕しました。
将棋の最高峰は「名人」ですが、
竜王」はそれと並ぶビッグタイトルで、賞金は最高額です。

今回は前人未到の5連覇をめざす渡辺明竜王に
ことし永世名人の資格を得たばかりの羽生善治名人が挑む
将棋界待望の「ゴールデンカード」が実現しました。


将棋に詳しくない方でも羽生さんの名前は知っていますよね。
野球に例えるならイチロー。(ほぼ同世代)
彼の出現で業界そのものが大きく変わった!と言える存在です。

そこに登場するのが若き天才・渡辺明。
19歳で羽生とタイトルを初めて争った王座戦は、
さしづめ「松坂VSイチロー初対決」のような歴史的名勝負でした。
結果は羽生の3勝2敗でしたが、堂々とした戦いでした。

将棋の神様はそれ以降5年間も2人のタイトル戦を実現させず、
その間に渡辺は竜王位を4連覇。
そして今年。
通算6回の竜王位獲得を誇る羽生がようやくの挑戦を果たし、
この七番勝負「どちらが勝っても初めての永世竜王誕生!」という
将棋界にとっても確実に歴史に残る戦いが実現したのです。


38歳の羽生と24歳の渡辺。
32歳の私は少しだけ羽生世代に近く、つい「羽生有利」と考えてしまいがちです。
私がもっとも将棋に熱心に取り組んでいた中学生の頃
「天才・羽生少年」が登場しましたが、
本当に強烈なインパクトで、子供心に熱狂したのを覚えています。
しかし、15年ほど将棋から離れていた私に
ふたたび情熱を灯させてくれたのは、棋界の新しいリーダー・渡辺明。
彼のブログを読んだことも大きな衝撃でした。

というわけで将棋の神様がどちらに微笑むのかはさておき、
私としては2人の歴史的勝負を1つでも多く見たいので
「フルセット=どちらかが4勝3敗」までもつれて欲しいなと
そんな気持ちで見つめています。

第1局はさきほど午後4時、フランス・パリで開幕しました。
日本とは時差がありますが、
ブログの大家で無類の将棋好きでもある
梅田望夫さんが、今回もリアルタイム観戦記を書いてらっしゃいます。
6/11のエントリ「驚愕の作文スピード~梅田望夫氏のWeb将棋観戦記
でも紹介しましたが、梅田さんの文章は将棋を知らない方でも
その魅力が十分伝わる良文です。ぜひお読みください!

梅田望夫氏、竜王戦第1局を語る (竜王戦中継Plus)
http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/1/index.html
スポンサーサイト
【2008/10/18 19:00】 | 将棋のおへや | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【将棋】

<<【小ネタ】2200円・・・牛丼なら6杯かな? | ホーム | その仕事に「熱」はあるのかい?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/212-8ec1ed7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。