【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

棋史に残る戦いはいよいよクライマックスへ
またも将棋のお話です。

10月に開幕した将棋「竜王戦7番勝負」は
本日第6局の1日目を迎えています。
この7番勝負は
「ワールドシリーズにおける松坂VSイチローのような夢のカード」
なのでぜひ注目して下さいね
というエントリを以前書きました。

【過去エントリ】羽生VS渡辺~かくして歴史的勝負の幕が上がる
http://anaguma1.blog98.fc2.com/blog-entry-212.html

第1局(パリ)は、誰もが“渡辺有利”と見た戦略を
羽生名人の「大局観」が見事に打ち破るという予想外の展開。
そこから2局目、3局目と
「渡辺が攻めるも、羽生に完全に切らされる」構図が続き、
気がつけば24歳の若き竜王は
「開幕3連敗」という窮地に立たされました。

ところが第4局。
渡辺竜王本人もブログで
「なぜ自分が勝ったのか分からない」と語ったほどの
すさまじい終盤戦の末に、ようやく竜王が1勝し
第5局は(私にはあっけなく感じるほど)羽生名人に良いところが見られず
現在、渡辺2勝、羽生3勝というところを迎えています。

頂上対決、世代交代、初の永世竜王・・・
いろんなキーワードがこの勝負を盛り上げていますが
「初の3連敗4連勝」が実現するかどうかにも興味が集まっています。
というのも、野球日本シリーズでは「3連敗のあと4連勝」が何度かありますが
将棋では、トータル200回以上「7番勝負」が行われているにもかかわらず
まだ1度も大逆転が実現していないのです。

勝負の流れから見ると、●●●○○となった
この第6局こそが渡辺竜王、ひいては渡辺明という一棋士の人生にとって
ものすごく大きな勝負になるのだろうなぁと思います。
普通なら、慎重にじっくりとした戦いを選びがちなところですが
竜王は序盤の18手目で自ら「急戦」に飛び込み、難しい局面を選びました。

この選択「勇気ある英断」か、はたまた「若さゆえの暴挙」か?
・・・結末は将棋の神様だけが知っています。

第21期竜王戦 中継ページ
http://live.shogi.or.jp/ryuou/


ところで。
将棋には「先手」と「後手」があります。
プロの対局データ数千局の統計では、先手の勝率は5割3分。
少しだけ先手が有利なのです。

タイトル戦になると、先手の勝率が6~7割という統計もあるため
7番勝負では、6局目まで先手後手を交互に行います。
テニスの「サービスゲーム」のようなイメージですが、
いかに後手番でブレークゲームを作るかどうかが7番勝負を左右します。

渡辺竜王はタイトル戦の前のインタビューで
「最近は後手番でかなり苦戦していて、悩んでいる」と正直に答えていて
(まあ、このあたりの率直さが彼の魅力でもあるのですが・・・)
今回の第6局は後手番。まさに正念場です。
ここを乗り切れば、第7局は「振り駒」といって、
コイントスのようなもので先手後手を決めるルールですが、
もし劇的に7局目が来週おこなわれる場合、そんな些細な有利不利よりも
「いかに平常心と勇気のバランスを保ちながら、自分の将棋を貫けるか」
が大きな勝負の分かれ目になるのでしょうね。

2ヶ月間「情熱大陸」が密着しているとのこと。
こちらのOAも楽しみです。(12月28日放送という情報もあります)
スポンサーサイト
【2008/12/10 22:29】 | 将棋のおへや | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【将棋】

<<続・あなぐま就職自戦記[13]報道のとにかく慌しい日々 | ホーム | 続・あなぐま就職自戦記[12]報道へ2ヶ月レンタル移籍>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/258-e5f8f1e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。