【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

はじめての「セミナー講師」
初の「ビジネスセミナー講師」を経験しました。

「株式会社○○のあなぐまと申します。
本日は弊社○○のご紹介をさせていただきます。
さてお手元の資料でございますが・・・」


こんな感じの説明は何度も聞いたことがあるので
イメージこそ湧くのですが、どうも自分らしくないというか、ぎこちない。
学習塾の講師やニュースのスタジオ解説は、少なからず経験あるんですが
「初めて」はやはり緊張しました。

目安は1時間、パワーポイントのスライドは33枚。
あまりにも散漫だったり、内容の漏れがあってもいけませんので
いちおう事前に「スライドにあわせたメモ」を用意しておきました。

テーマは「CSRの取り組みとEラーニングの導入」
こんなイントロでした。

******************************
みなさん「CSR」という言葉は・・・ご存知ですかね?
もしご存知でなければ、ぜひ今日これだけでも覚えて帰って下さい。

Corporate Social Responsibility
「企業の社会的責任」と訳します。

2000年ごろからでしょうか?
ニュースやビジネス誌などで取り上げられるようになりました。


CSRは時代の要請で生まれた考え方です。
これまで企業のキーワードは「成長」でした。

「いかに安価で良質な商品価値を提供するか?」

これをしっかり考え、お客さまに喜んでいただき、持続的に成長する。
企業活動はこれで成立してました。英語ではGoing Concernと言います。

ところが、

「企業は顧客だけに視線を向けていて良いのか?」

という考え方が最近主流になりつつあるんですね。
たとえば「環境」や「労働・人権」といった昨今の問題は
企業が「お客様への価値提供」と「利潤」を追求するばかりでは
決して芽生えることのない視点だと思います。

英語でStake Holder=利害関係者という言葉が、CSRのキーワードです。
企業の成長とは相反するケースもあるのですが
私たちはさまざまな立場の方と調和して、意見をやりとりしながら
行動していかなければいけないんだよ・・・というお話です。
お聞きいただいている皆さんも、たとえばお客さまの声、
あるいは社会の意見という中で、切々と感じている変化だと思います。


余談になりますが、
CSRはヨーロッパで比較的さかんに使われている言葉だと認識しています。
環境問題、人権問題・・・企業を取り巻く変化の先頭を走るのがEUだと思います。
それに対してアメリカでは「コンプライアンス」(法令遵守)や
「ガバナンス」(企業統治)が主流だと思っていました。

ところが昨日、オバマ大統領は就任式で「new era of reaponsibility」
これからは責任の時代だ!というようなスピーチをしていました。
自身に、国家に、世界に、アメリカ国民1人1人が責任を持ってるんだよ、と。
彼の言うresponsibilityは「より良い社会を築く責務」という意味かもしれませんが、
それでも「責任」というキーワードが出てきているという事実は、
もしかすると今後アメリカ企業を取り巻くCSR的なトレンドも
何がしかの変化を見せる予兆なのかもしれないな、とそんな印象を持ちました。


さて、弊社がなぜCSRに取り組んだのか?ですが・・・(つづく)

******************************

いざ喋り始めると、見ている人の反応をうかがいながら
ついつい、あちらこちらへ脱線・・・。(メモはほとんど使わず)

“私みたいな若輩者がすみません”てな感もありますが、
幸いEラーニングの実例に皆さん興味津々で、非常に熱心。
終わった後はお褒めの言葉もたくさん頂戴して、恐悦至極にございました。
スポンサーサイト
【2009/01/22 21:02】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】

<<ごほうび | ホーム | 私たちは確実に「歴史」を作り続けている>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/271-a85958e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。