【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

今さらながら驚いた「スーパーアグリF1の真実」
『鈴木亜久里の挫折』
(赤井邦彦著、文春文庫)

何気なく手に取った本なのですが、スゴイ中身でした。

2年ちょっとF1で戦った「スーパーアグリF1」の真相を
本人の証言を交えながら追ったドキュメントです。

なんというか
「わがまま」
という言葉の意味を考えさせられてしまいます。
まだ読中なのですが、
あまりにも衝撃的だったのであらすじを少しご紹介。


<ふりだし>
あぐりの夢「45歳でF1チームのオーナーになるぞ!」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あぐり「ちょっとほんださん、共同オーナーにさせてもらえません?」
    (A社が資金バックアップしてくれるんだって)
 ほんだ「共同はちょっと・・・お金あるなら自分でやる?」
    (よかったら琢磨もそっちでドゾ)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
FIA「08年からチームの参入制限厳しくするよ」

あぐり 2005年秋の決意
「あと半年で開幕だけど、もうチャンスは少ない。
・・・F1オーナーに、俺はなる!」


9月16日 イギリスに工場を押さえ、スタッフ集め ≫元ドライバーゆえの迅速さ

FIA「・・・ここ2年で走ったマシンは使えないルールなんだけど」 ≪アチャー

工場に4年前の中古車が3台届き、改造スタート!

ほんだ「エンジン持って来たよ~!・・・あれ?」 ≫エンジニアゆえの苦悩

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 FIA「ところで参入時の“供託金”っていくらか知ってる?」
 あぐり「えっとね(よく知らないわ)・・・2400万ドルくらい?」
 FIA「ううん、その倍(当時レートで58億円)。まあ、待ってあげるよ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月4日
ほんだ「来年新たなチームが出て琢磨が移籍します!」
 ≫無駄にフライング発表

A社「実はうち、資金苦しいんだ。あてにしてたら、ゴメン」 ≪アチャー×2

FIA「どうすんの~?エントリーリスト発表しちゃうよ」

11月1日 必要に迫られ、あぐり記者発表
「えっと・・・F1やります」

・・・でも資金のメドは立ってないんですけどみたいな ←心の声

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あぐり「大手のS社さん、協力してくれるんですか!」
 S社長「うん」
 ≫数日後の役員会「あれ?うちのロゴ入ってないの?・・・じゃあ無いわ」 ×

 あぐり親友「大丈夫。うちの会社上場したからさ、その株を担保に入れよう!」
 各銀行「ジャスダック新規株でF1の融資はちょっと・・・」 ≪アチャー×3
 あぐり「そこを何とか(T_T) 供託金は返ってきますから」
 FIA「開幕まで1ヶ月ちょい・・・もう無理っしょ?」 ≫最終締切は1/26
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1月22日昼 どうにか“供託金の融資”決定
あぐり「振込手続に2週間?・・・4日で頼みます」
 ≫絶対に負けられ(以下略)

1月26日夜 FIAがエントリ受諾

広告会社「すみません。スポンサーが全然集まりません」 ≪アチャー×4

スタッフ「中古車の改造終わりました! ≫他チームより2~3割性能は劣りますが
     ・・・ところで“活動資金は未定”って本当なんすか?」

 11月14日 マシン改造開始
 2月6日 規格テスト合格
 2月21日 はじめてのテスト走行
 3月9日 えっ?もう開幕・・・
 ≫スポンサー未定につき純白のマシンでお送りします

 琢磨「俺さ、まだこのマシンで6周以上走ったことないんだよね」
 井出「僕なんかF1そのものが初めてですけど、何か?」


F1開幕戦バーレーンGP決勝(57周)スタート

琢磨みごとに完走(4周遅れ)、井出はリタイア

英語もたどたどしくレースも未熟な井出が
ライバルの嫌がらせでスーパーライセンス剥奪
 →今ここ



この本を読みながら数年前に取材した男性を思い出しました。

50歳で脱サラして、ある中東の国で念願の日本食店を開業。
サラリーマン経験しかない、ちょっと虚言癖もある男性でしたが
天真爛漫というか魅力的というか、まさに現代の“ドン・キホーテ”。

私も現地に飛び、悪戦苦闘する様子を密着取材したのですが
開店の前後も、裏ではずーっと「お金」の問題がつきまとっていました。

本人は離婚して、日本の自宅も売り払って夢に挑みましたが
お店の売上は伸びず、3ヶ月で「給与不払い」が発生する事態に。
半年後には当局の査察を受け、営業停止に―。
(酒類販売の許可申請もれ&日本人従業員の就労ビザ問題)
テナント契約も解除され、借金だけが残った彼の消息は
もはや分からなくなってしまいました。

・・・「夢」って何なんでしょうね?
私にはとても難しいクエスチョンです。



スポンサーサイト
【2009/01/28 21:05】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(1) 
tags:【おすすめの本】

<<「ネタ探し法」を精査すると自ブログの傾向が明確に | ホーム | 演出とやらせの境界線=「顔が出るかどうか」に尽きる?>>
コメント
こんにちは!

今日も1才の娘の子守をしながらPC覗いてます。
机がチョコだらけに・・・・・
仕事の合間にみさせていただきました。
ブログ応援しますね!
それでは失礼します。
【2009/02/14 18:45】 URL | ★KEEP BLUE★ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/280-1d981c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。