【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

「ネタ探し法」を精査すると自ブログの傾向が明確に
ネットPR.JPのエントリーの書き方(1)ネタを探す6つの方法
http://netpr.jp/netpr/003016.php

ネタを探す6つの方法として、これらが紹介されている。

(1)「News2u.net」 ※企業ニュースリリースの掲載サイト。同社の主要商品でもある。
(2)RSSリーダー
(3)Googleアラート
(4)気になる人たちのtumblrをフォロー
(5)電車の中や、歩いているときに気になったことを記録
(6)ネタを探さない。探しているから見つからない。自分がネタ元だったりすることもある。



ちょっと古い記事だが、これを読んでから
「・・・自分はどうなのだろうか?」と気になっていた。
上手に整理しておけば、何かの時にこのエントリを見て
ブログに書くネタが短時間で見つかるかもしれない。

備忘録:あなぐまがブログネタを探す8つの方法

(1)Googleニュース

昼休みのおとも。
退社時パソコンを落とす前などにも軽くながめてから退社。
更新スピードも非常に速く、「各社の論調比較」も容易、
何より「扱いの大小」が分かるのが素晴らしい。
話題のネタならアクセスが増えることは間違いないのだが
何でもかんでも、というのは好みではないので
「どうしても気になるニュース」だけをチョイス。

(2)はてなブックマーク

昼休みのおとも2。
ブログ、ニュース系サイト、同業他社のWebサイトなど
雑多に60サイトほど登録しているが、
「他のブログエントリに反応→関連エントリを書いてトラックバック」
という手法は最近めっきり少なくなったので、
あまりネタを探す道具にはなっていないのかも。
(メルマガを読む時間が減って、こちらに移行しているような気がする・・・)

(3)TVのニュース

・・・ここだけの話。

私はJNN系列とNNN系列のニュースをほとんど見ない。
自分の主義主張というよりは、取材現場での印象、系列が持っているカラー、
過去に起きた不祥事などを総合的に加味して「どうも信用できない」のだ。
昼は社員食堂でNHKニュース、夜はNHKもしくはテレ朝がほぼ固定なので
朝はどうしてもフジ(めざましテレビ)かな?という選択肢になる。

「テレビならではのニュースの扱い」という視点であれば
基本的にはこの3局を見ながら、必要に応じて全局チェックをかける。
※各社Webサイトに行けばその日の動画ニュースは確認できるので

(4)日常の仕事から

・こんな経験をした
・こういう悩みがある
・別分野のアイデアや経験と今の仕事がリンクした  など

最近増えたのはこのパターン。
「自分のため」にはなるけれど「読者のため」になっているかは不明。
なるべく普遍的に、なるべく読みやすく・・・。

(5)過去のエントリ⇒検索エンジン⇒自分の見解

これもよくあるパターン。

たとえば「面接で困る質問」をいくつか書いているが、
過去のエントリを眺めていると
「あれ?この質問も困るのかな?」と気づく。
すぐに検索エンジンをひいて、関連エントリや学生さんのブログ等を見つけ
「自分ならこうアドバイスするのに・・・」
などとアイデアがひらめくようであれば、とりあえず書きながら整理していく。

(6)本・雑誌、TV番組などから
(7)趣味、身辺雑記のたぐい
(8)あなぐまの「○○論」的な独白


以前にも書いたが
「本を紹介するばかりのブログ」「勉強日記」的なものは好みではなく
趣味や身辺雑記も「たまにはいいけどホドホドにね」と思ってしまう。
で、悩みが多くなると(8)のパターンも増える。
何かを書くことで自分を落ち着かせようとする作用が無意識に働くらしい。

※「何か自分でネタを思い浮かぶ」というパターンは、朝の通勤途中が多いような・・・
スポンサーサイト
【2009/01/29 22:36】 | ます☆ぶろ研究室    (マスコミ・ウェブ論考) | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ブログ】

<<あなたのすぐそばで今日も会社が倒れています | ホーム | 今さらながら驚いた「スーパーアグリF1の真実」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/281-b531a1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。