【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

目からウロコの「アイデア」論。
He said that "ideas" are something which solves multiple issues at once.


最近、頭の中でなんか引っかかってるこの言葉。

どこからリンクを拾ってきたか忘れましたが、
ほぼ日で今をときめく任天堂の岩田社長と糸井さんが対談してる
ちょっと古めの記事を見つけたのです。

任天堂の岩田社長が遊びに来たので
みんなでご飯を食べながら話を聞いたのだ。
(ほぼ日)
http://www.1101.com/iwata/index.html

(第1回から引用)
糸井:複数の問題を解決させるんじゃなくて、一個だけ解決していいんだったら、それは、簡単なんですよね。

岩田:簡単です。

糸井: (隣の席の佐藤と向かいの席の永田を指しながら)つまり、佐藤くんの命が危ないというときにさ、代わりに永田くんが死んじゃうような方法ならわりと簡単に思いつけるんですよ。余裕のある企業や組織ほど、そういう解決法を選んでしまってダメになるんです。一個ずつは解決できるっていうときに、しらみつぶしに解決しちゃうんですよ。まず、佐藤くんを助けて、「あ、永田くんが危ない」というので今度は永田くんを助けてっていうふうに‥‥。

岩田:無限に手間とエネルギーをかけちゃうんです。

糸井:そうなんですよね。

岩田:「多かったら少なくしよう」「足りなかったら増やそう」というふうに、いま起こってる事象をそのまましらみつぶしに解決していくのは、誰でもできることだし、工夫もいらない。

 たとえば、ある料理店で、お客さんが出てきた料理について「多い」と言ってる。そのときに、「多い」と言ってる人は、なぜ「多い」と言ってるのか。その根っこにあるものは、じつは「多い」ことが問題じゃなくて、「まずい」ことが問題だったりするんです。

一同:あーーー。

岩田:だから、本当はたいして多くもないのに、「多い」って言われた問題だけを見て、「まずい」ことに目を向けられなかったら、量を少なくしたところで解決にはならないんです。本当の問題が「まずい」ことだとしたら、「まずい」ことを直さないと、「多いから少なくしました」というのは、一見解決してるようで、じつはなにも解決してない。



冒頭の言葉は、スーパーマリオを生み出した宮本茂さんが発した
「アイデアというのは、いくつもの課題を一気に解決するものだ」
という言葉を英訳したものです。
※なぜ英訳かと言いますと、この対談はすべて(なぜか)英訳されていて
私は今、通勤電車の中で1日1節ずつこの対談を英語で読んでるからなのですが。


「いくつもの課題を一気に解決できる、たった1つのアイデア」
と言葉で書くだけでなるほどとは思うのですが、それよりも痛かったのは
糸井さんが指摘してる
「Aが危ないと思ったらBを犠牲にしてAを助けて、その後“Bが大変だ”って・・・」
という大企業の体質。

全くもっておっしゃる通り。
身につまされます。


この文章を読んだのが1週間前なのですが、
ずーっと引っかかってるんですよね。
自分が今まで「アイデア」と読んできた物たちの
いったい何割がこの要件を満たしているんだろうか?って。

もしかしたら。
すごく「アイデア不足」な人間なのかしら?私ってば・・・。
スポンサーサイト
【2009/02/14 20:58】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【名言】

<<ユーザータグで「関連エントリ」を自動生成したかったのですが・・・ | ホーム | 地方局からキー局への転職(転籍)や異動は?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/292-562bc03b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。