【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

「試験途中の退出」はオススメしません!
ようやくPRプランナーの試験(1次)が終わりました。
今後受験する方のために、簡単なメモ書きを。

◆会場には、学生や新入社員と思しき方もけっこう多く、
思っていたよりも平均年齢が低い印象でした。
(おそらく2次、3次と進むにつれて、変化もあるでしょうが)

◆試験は80分で50問。マークシート形式で、
問題用紙と解答用紙が一体となっていて、切り離し不可です。
私は最初の50分を「1分1問ペース」で解いて、問題用紙に書き込み
残りの30分で「見直し確認をしながらマーク記入」という2段戦法を選びました。
※教室には時計がないので腕時計が必要ですが、
試験終了30分前に試験官が「これより途中退出可能」と合図をくれます。


◆試験終了後の道すがら、周囲の会話に耳を傾けていると
いちばん多かった反応は
「ビミョーな問題が多い」「ヘンな問題が多い」
だったと思います。

主催者サイトの「例題」を見てもらえればわかるのですが、
この試験は、知識・情報の「正誤を問う」問題は半分程度で
残りの半分は「理解を問う」問題であることが大きな特徴です。

たとえば大学入試や就職試験でも
「Q.次の4つの文章のうち不適切なものを選べ
という問題形式はあります。
この場合、4つのうち3つは「適切な文章」で、1つが「不適切な文章」ですよね?

ところが、PRプランナーの試験は違います。

Q.広報PRに携わる者の心がけとして最も不適切なものを選べ

という問題形式なのです。

で、選択肢をよ~く見ると
4つのうち「適切な文章」は1つか2つで、残りは全部「適切ではない文章」。
この「適切ではない」の中に、実務ベースでいうところの
どちらもあり得る=グレーゾーンな事象が混ざっているので
それを見極め「最も不適切なもの」を選ばせるのが出題意図です。

大学や就活で、知識正誤型の問題に慣れ親しんでいる方にとっては
もしかすると高いハードルなのかもしれません。

******************************

ところで、就職活動中の皆さんに質問です。

「残り30分を切ったら退出していただいても結構です」

80分の試験でそんなことを事前に言われたら、
あなたは退出しますか?しませんか?



学校の試験でありましたよね?
早く解き終わった人が、ヒマそうにしたり寝たりして
「こちらは必死なのに・・・」と勝手に思ったり
いびきで集中力を削がれてしまったり。

そんな背景からか(?)この国には
「試験で途中退出を認める」という文化・形式がなぜか根付いています。
あるいは「早く解く」という行為が年齢を問わず知的刺激をくすぐる、
というのも一因かもしれません。

で、就職活動の場合(あるいは資格試験の場合)。

「自分は途中退出するよ」という方に質問ですが
それって何のプラスになるんでしょうか?


◆早く解き終わると「1点でも加点される」・・・んなわきゃ、ありません
◆電車の時間?・・・なんで大事な試験の日にそんな旅程を組むんですか?
◆待つのがイヤ?・・・たった80分のセルフコントロールも苦手なんですね。
◆仕事が速いのが自慢?・・・残った時間で品質高めるのはお嫌いですか?

何が言いたいのかというと、
「試験で途中退出できます」と言われて、ハイハイと出ていく人を見ると
私どうも首を傾げてしまうんですね。

あなた本当に全力出しましたか?と。

社会人になって「仕事が速い」というのは大切な要素です。
でも締切が決まっている仕事で
ギリギリまで「良いものにしよう」「やれることは全部やろう」
と手を尽くす姿勢も、ものすごく大切だと思うんですね。



・・・ま、私の個人的な信条(好み)なのかもしれませんがね・・・
スポンサーサイト
【2009/03/09 22:02】 | 元記者の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【つぶやき】

<<「地方局で働く限界」は存在するか? | ホーム | A級順位戦、プレーオフを予想してみます。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/305-3ede98bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。