【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

私は記者時代「その日暮らし」で生きていた
私が現在の職場で働き始めて1年がすぎました。
もちろん今の仕事も(全く違う業界・職種なので)とても面白みがあって
日々悩みつつもポジティブに過ごしていこうと思っています。
しかし、かつての同僚(記者・アナウンサー・カメラマンなどの方々)に会うと
ものすごくギャップがあるなと再認識させられます。
自分自身は月~金で朝8時から夕方6時まで、カレンダーどおりの毎日を過ごす
「典型的サラリーマン」なのですが、マスコミ人は全く違います。

一番違うと感じるのが「スピード感、それにともなう人生観」です。

前にも書いたかもしれませんが、記者をしていた頃の私は
「その日1日をどう乗り越えるか」ばかり考えていたように思います。


夕方の自社ニュース番組が1日の山場です。
ニュースが終わると反省会があり、先輩にキツく時にはやさしくアドバイスをもらい
それが終わると「翌日の取材予定」を確認します。
プレスリリースを片手に「取材の段取り」「行動予定」「確認事項」などを考え、
予定稿を書きます。(※突発の事件など深夜の取材があれば、このへんが飛びます)

翌日、取材の出発時間までに新聞各紙・ニュース各局をチェック。
「事件・事故は起きていないだろうか?」「全国ニュースは何だろう?」
「自分の持ち場で新聞に抜かれていないだろうか?」などを確認し現場へ。
最初の出稿時間がお昼なのか、夕方なのか、あるいは他の行動予定によって
「いつまでに原稿を書いて、テロップを発注して、編集を終えるべきか」を考える
常に時間との戦いです。取材は1日平均2現場。時には3~4か所をハシゴします。
そういった「予定通りの行動」も、大きな災害・事件・ニュースが発生すれば
予定変更されてしまうが当たり前。
いつも「携帯の着信」を気にしながらドキドキしていました。

そしてオンエア時間までその高まりが増幅してゆき、1日が終わります。

そんな中、記者はどんなことを思っているか?
大きく分けると2つのタイプがあるのではないでしょうか?
「時間に追われるのは苦手だけど、自分の考えやテーマがぶれない人」と
「時間に追われてのは得意だけど、考え・テーマも流れに左右されがちな人」です。

あなぐまは顕著な「臨機応変=その場しのぎタイプ」だったと思います。
もちろん「わかりやすいニュース・映像を作る」というテーマはあるんですよ!
でも頭の中では常に「今の優先順位は?」「今すべきことは?」が占めていて、
たとえば1ヶ月先、1年先をにらんだ行動をしていたかどうかは、大きな疑問です。
だって一生懸命何かを準備・継続していても、いつ何が起こるかわからないでしょ?
今、巨大地震が襲ってくるかもしれない。大事件が起こるかもしれない・・・。

今でもあなぐまの頭の中には、たとえば
「何分あればこの行動は終えられるか」「あの目的地には車で何分かかるか」など
いつも時間を想定しながら行動するクセが残っています。
退職して1年くらいは、夕方の「そわそわ感・緊張感」も取れませんでした。
何というか・・・記者を長くやっていると、人生観自体も独特になり浮世離れしてゆきます。
「マスコミは目先ばかりを追う」「なぜこのネタばっかりやるんだ?」視聴者は感じます。
そういった「マスコミ=短絡的な思考」の裏には、そんな感覚があるような気がします。

※ある意味仕方ないのです。そうしなければ頭が切り替わらず、行動できないのですから。

しかしサラリーマンになって考え込んでしまいました。
1日8時間程度の仕事で日々のスピードや変化が本当にゆっくりしていると
先の先を読んで行動する感覚、将棋で言えば「大局観」がとても重要に感じられるのです。

目の前の行動ばかりに気をとられ、1ヵ月後、1年後を考えずに日々を過ごしてしまうと
結果として大きな差が生じてしまうのでは・・・?と今の私は感じています。


<関連リンク>芸能人と仲良くなれる?…って、んなわきゃない。本日寒すぎ。こんな日に記者が思うことは?視聴率・インパクト至上主義?の苦悩
スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/02/01 21:30】 | 放送局の気になる実態 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【体験談】

<<面接で困る質問「他社の受験状況はどうですか?」 | ホーム | あなぐまの就職自戦記(10)採用日程と実際の質問>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/31-c6691d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。