【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

「日テレ社長がバンキシャ誤報で引責辞任」の衝撃
「バンキシャ!」の誤報がきっかけで
日本テレビの社長が引責辞任しました。

私には「衝撃」です。

【日テレ社長辞任会見】「重大な監督指導不行き届きの責任をとりたい」
(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090316/crm0903161844025-n2.htm

(記事より抜粋)

--誤報の原因をどう把握しているのか?

久保社長「一般論でいえば、私が代表取締役の職を辞したということで、すべての説明をつけたい。誤報の内容、きっかけ、報道にいたるすべてをひっくるめて、報道機関の一員として、あるいは日本の民放初のテレビ局としてこれまでテレビジャーナリズムの先頭を走ってきた自負がある。さまざまなメディアが登場するなかで、日本テレビが長い伝統に培ってきた内容の質を含めて、自負をもってみんなでここまで育ててきた。それが大きく損なわれた

--日テレの報道姿勢の何がどう問題だったのか?

久保社長「すべての取材対象がそうだが、とくに公的機関に関して、疑惑について報道する場合は、一般の場合とは異なる性格がある。特に今回問題になった岐阜県については裏金づくりの疑惑が幅広く存在すると、さまざまな検証がなされ、岐阜県としては襟をただして、いろんな措置を取ってきた。その後のことだけに、相当な幅広い取材と裏付け(が必要だった)。法的な整備もあるが、内部告発に関しての報道機関の取材は相当、慎重にやらなければならない。内部告発の中には大きな事案に発展することも含まれているが、その取り上げ方には、相当の慎重さが必要だ。さまざまな情報提供の仕組みが発達している状況からいって、10年20年前の内部告発とは相当状況が違う



・・・正直に書いて、いいですか?

たった1つの誤報で、トップが辞任するというのは
私にとってはものすごい衝撃です。

こんなことがスタンダードになってしまうと
記者もディレクターも怖くてオンエアができません。



いくつかの記事を読む限り、要旨は以下の通りです。
①岐阜県は過去に裏金問題があり、改善に努めていた
②日テレは「それでも裏金がある」との情報を得た
③慎重に取材を進め、ある程度の「ウラ」が取れたと判断しオンエアした
④その後の調査で「誤報」と分かった。内部告発者は逮捕。

※なぜか産経さんがすごーく力を入れて報じているので
興味があればこちらをどうぞ。

◆異例の立件「バンキシャ!」虚偽証言 日テレが乗った“迫真ストーリー”
(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090315/crm0903151301007-n1.htm



放送局には毎日、それはそれはいろんな情報が寄せられます。
番組内容に対するクレームや、個人的な悩みごと相談、
そして「内部告発」と思しきものも、ちょくちょく向こうから飛び込んできます。

記者は内部告発に端を発する「疑惑」をデスクから受け取ると
それとな~く、気づかれないように、周辺取材を始めます。
でも「ものになる=オンエアに値する情報」は10本中1本くらいの印象でした。
ほとんどは、ムダ足だったり、先方に怒られたり・・・。
「内部告発」の扱いはすごく難しいのです。

それでも当時の私は
“自分は情報のプロだ”という意識が少なからずありました。
周囲の同僚や先輩も、そう自認しているフシがありました。
(※ジャーナリストだと自負したことは1度もないですけどね)

つまり
「内部告発に振り回されて、結果として上手に事実を伝えられなかったこと」
それ自体は、確かに問題だと思うのですが
内部告発をもとにした取材には、若干のリスクが内包されているので

“○○の証言で明らかになりました”

で始まるニュースは、ともすれば公平さ・公正さを欠いているかもしれないよ
という認識は、放送局内部だけでなく、視聴者や社会にとっても
「織り込み済み」という印象を私は持っていたのです。



たしかに間違った報道はよくない。謝って訂正すべきでしょう。
でも「トップ辞任」という組織としての人事は別問題です。
これをやってしまうと、裁判のようなもので

“100%立証できている事実しか報道できない”

という報道側の自己規制が生じてしまう可能性もあるのです。
少なくとも、私が現場の記者だったら
今後「内部告発」に関するネタは一切触りたくない気持ちになるでしょう。
「もし自分の報道で何かあったら・・・」と保守的にもなるでしょう。




・・・ちなみに私は「バンキシャ」のファンでもなければ、
日テレの支持者でもありません。(むしろその逆です)

しかし、テレビ局を応援する立場の人間として
今回の事態を非常に重く捉えているのです。

皆さんはどう感じますか?
スポンサーサイト
【2009/03/16 21:35】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【ニュース】 【体験談】

<<「長い会社名をどう略すか」で新聞記者が悩む | ホーム | ニーチェの言葉に奮い立つ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/311-7a485304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。