【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

記者発表案(ただし妄想)。
シルバーウィークも最終日。
皆さん、お出かけの疲れは残っていませんか?
私も渋滞に巻き込まれて、ご飯やさんは大行列で・・・ETC効果はスゴイ。


さて、久しぶりに
夕方のローカルニュースをじっくり見ました。
お気づきの方もいると思いますが、祝日のニュース番組(ローカル)は
非常に薄い。
というのを再認識しますね。
=「内容が薄い」という意味です。


たとえば30分のニュース番組があると想像しましょう。
その中には「8~10本のストレートニュース」と「2本の企画VTR」があって
最後にお天気コーナーがあって・・・みたいな。

もし月~金の通常営業日であれば、まずもって8~10本のうち
半分程度が“パブリックなネタ”で埋まります。
つまりは行政主催の行事やイベント、知事会見や地方議会、
裁判、警察の行事、各種機関の統計発表など、
公的機関が地方ニュースのネタを支えているといっても過言ではありません。
さらに地元企業も、社員が平日働いているので
何かのイベントや記者会見のたぐいはすべて営業日の平日に開きます。

でも祝日は役所も休み、裁判所も休み、会社も休み。
その日のニュースはどうしてもネタが少ない。
というわけで「内容が薄い」という感じになってしまうのです。

“続いてはイベントの話題を3つ続けて・・・”

(んなもん、どうでもいいわ・・・)みたいな。


で、思ったんですが、
企業の製品発表とか明るい話題提供を
あえてこういう日にぶつけてみてはどうかな?
と・・・

<メリット>
・平日であれば「行政もので、クルーが(or紙面が)足りないので・・・」
と断られがちな企業の記者発表も、
ネタが不足しがちな祝日であれば取材してもらいやすい
・さらに面白ければ「尺を長くする(紙面を多く取る)」可能性もある

<必要条件>
・「会社内でただ発表する」よりは「外で市民も交えて」と、公共性を持たせる
・祝日=家族でも見られるよう、テーマ設定やエッセンスを加える必要も

<課題>
・関係する社員は休日出勤になる=手当が必要
・「発表(イベント)後の記者からの問い合わせ窓口」を会社にしづらい
⇒広報担当者は会社に詰めて、問い合わせに備える必要

<提案>
・「取り上げてもらうために休日手当もやむなし」との上の理解が必要
(社員も自宅でニュースを見られる=インナーブランディングの一環)
・広報担当者は問い合わせ用に会社支給の携帯電話を持つ
(在宅でも問い合わせに応じることが可能。ただし危機広報時は使わない)

地方の企業広報担当者の皆様。いかがでしょうか?
スポンサーサイト
【2009/09/23 20:22】 | 元記者のニュース解説 | トラックバック(0) | コメント(4) 
tags:【ニュース】 【広報】

| ホーム | ブログは匿名か?実名か?>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/12/03 12:18】 | #[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/24 17:14】 | #[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/23 23:13】 | #[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/19 18:57】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/328-1c87f917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。