【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

実はルックスが大事・・・美男美女という意味ではなくて。
【質問】
テレビ業界って華やかなイメージあるんですけど、外見って重視されますか?
地方局で周りの人を見ていて性格等さまざまでしょうか??

【答え】
イケメンじゃなきゃダメ、とかはないと思います。
ただ、もし私が面接官なら、顔も含めた外見のイメージは大事にします。
美男美女を選ぶという意味ではありません。

「もしこの人が取材に行ったり営業にいったりして
相手がどう感じるだろうか?」という意味です。
初対面でもさわやかな印象を与える人、
パッと見は冴えないけど、何となく親しみやすい空気を醸し出す人、
独特の世界観や個性が外見を通して伝わってくる人、
付き合えば付き合うほど魅力が伝わってきそうな雰囲気を持つ人、
「いいな」と思う人のタイプはさまざまです。
何にせよ、自分の内面・外面をしっかりと認識していて
「自分らしさ」をしっかりと持っている人は貴重ですね。
(そのために奇抜な格好をしろ、とかいう意味ではないです)
性格も同じで、いろんな人がいますが
「人を愛する・人に愛される」という共通項をみんな持っていますね。

マスコミといえども、一民間企業です。
一発芸やびっくりエピソードだけで採用していたら会社がもちません。
身長やルックスも同様です。


<関連リンク>受かりやすいネクタイの色は存在するか?あなぐまの就職自戦記(11)大切なのは「愛される」素質野次馬根性は記者に不可欠なのか?
スポンサーサイト
【2008/02/22 20:41】 | 求められる人材像とは | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:

<<キー局と地方局、どこが違う? | ホーム | 新人教育は「旧態依然」の徒弟制度>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/62-baf5a83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。