【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

面接にはどんな基準があるのか?
【質問】
面接はその時点ですぐに得点を付けて最終的に他の選考者と比べるのか
それとも面接した時点で「こいつはないなぁ」とふるい落とすのか、どちらですか?

【答え】
1次面接か終盤の面接かで違います。
最初の面接は「人数の絞り込み」が目的なので、人事サイドが「このくらいの人数に」
という目安を事前に定めているのが一般的でしょう。
いっぽう終盤の面接は「その人の能力・人柄を見極める」ことを主眼に置くので
人数ではなくモデル・能力・適性などの質的条件を定めていると予測できます。

あと、数百~数千人の受験者から必要な人材を探すわけですから
どうしても「絶対評価」と「相対評価」の両方を使わざるを得ない。
つまり「ある基準から見てどうか」+「他の人と比べてどうか」ってことですね。
これも一般論ではありますが、あてはまると思います。

あと、うちの局の話しかできませんが、
「採用予定人数」がもともと少ない上に「欲しい人材かどうか」の基準で選ぶと
新入社員が1~2人の年もあれば6~7人の年もある、という
「ばらつき」が生じてますね。私の同期は3人でした。
他の地方局はどうなんでしょう?採用計画人数をしっかり守ってるのかどうか・・・
試験実施したのに「採用なし」なんてところもあるみたいですしね。


<関連リンク>受かりやすいネクタイの色は存在するか?あなぐまの就職自戦記(10)採用日程と実際の質問《この就活ブログがスゴイ》①採用担当者の眼
スポンサーサイト
【2008/02/22 20:49】 | 面接で差をつけよう! | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【面接】 【困る質問】

<<部署移動はなぜ必要なのか? | ホーム | キー局と地方局、どこが違う?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/64-34c232ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。