【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

将棋ことはじめ2
前回の続き。

003.jpg

初めての将棋道場を訪れた私。
思ったより緊張してしまい、ミスを連発して結果も出せず
自分の想定より低い「7級」の認定証をもらって、茫然自失の状態でした。

005.jpg
鳩森神社に咲く梅の花。


神社の清らかな風で頭を冷やしながら、自分の将棋を振り返りました。
・集中力が足りず、フワフワしていた(しっかり考えているようでウッカリが多い)
・自分がやってみたい「持久戦」戦法に持ち込む前に、戦いが始まってしまった
・気持ちが折れるのが早かった


「棋は対話なり」という言葉があります。
就職活動で例えるならば、場の空気に呑まれてしまい、
用意した自己PRを棒読みして、対話にならなかった感じでしょうか?

ふだんブログで口酸っぱく指摘しているミスです。

そうなんです!こんなときこそ「観察」と「対話」、そして「冷静さ」が大切なはずです。
よくよく考えてみると、自分の陣形と攻め方ばかりに目が行って
相手の駒台を見て、相手の攻め手を想定する余裕さえない状態でした。

そこで作戦を立て直すことに。
◆つねに相手の様子をチェックする
◆相手の力を利用し「攻めをいなして、息切れに持ち込む」のが理想
◆不利になっても決して顔に出さず、あきらめないでチャンスをうかがう


工夫のかいあって、快進撃(?!)が始まりました。
激闘なんと6時間。
最終的に14局指して10勝4敗でした。(6連勝を含む)
また機会があればチャレンジしたいと思います。めざせ初段!

006.jpg
左が記録用カード、右が7級と6級の認定証。
真ん中は昇級したら頂ける記念品の1つ「駒の置き物」(←勢いで手にしてしまった・・・)



※ここからはちょっと専門的な話。お好きな方だけどうぞ。

記念なので、1局だけ自慢させてください。
ban01.png
先手が私。相手の四間飛車に押さえ込まれかけているところで、
無理っぽく▲3四角と打った局面。とにかく相手の飛車を4筋から外そうという狙いです。
△3三飛の応手に、銀をつなげようか?とも考えましたが、思い切って角を切ることに。

(上図からの指し手)
▲6一角成 △同銀 ▲4六飛 △4四歩 ▲6四歩 △同金
▲4四飛 △4三銀 ▲3四銀 △4四銀 ▲3三銀不成 △同銀
▲6二歩 △同銀 ▲6一飛 △7一銀打 ▲5二金 △6三金

ban02.png
ここで▲6四歩が会心の一手でした。
相手は大駒だけだったので意外に受けづらかったそうです。
(右桂が活用できていないのがいかにも素人で、今後の課題ですが・・・)

ちなみに居飛車党を自負していたはずなのに、
途中から振り飛車を指した途端に勝てるようになりました!
相手の攻めをみながら「さばく」「対応する」という棋風のほうが向いているらしく、
実戦を通して初めて気づかされました。やっぱり対面での将棋は楽しいですね。
スポンサーサイト
【2008/03/10 21:49】 | 将棋のおへや | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:【将棋】

<<ものづくりの恍惚と不安と、二つわれにあり | ホーム | 将棋ことはじめ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/86-062dd3f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。