【まとめエントリ】⇒初めての方はこちらをどうぞ!
未来のテレビ界を担うあなたに贈る『あなぐま秘伝』の25エントリ
マスコミ就職の「常識」を丹念に検証する30エントリ
自らの経験を赤裸々に綴った「あなぐま就職自戦記」全31エントリ
面接前のあなたにぜひ読んでほしい15エントリ
スポーツ・バラエティ番組の真実がわかる11エントリ
元記者がニュースの裏側を斬る22エントリ
就職活動や記事に関する質問はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
tags:

航空機遅延アナウンスの効能と副作用
個人的なニュースですが、
きょうの日帰り出張は過去最悪
行きの空港も帰りの羽田も天候不順に見舞われ
それぞれ「1時間半」の遅れ。
東京での用件には遅刻するし、帰宅したら夜11時だし・・・疲れました。

行きも帰りも感じたことがひとつ。

天候調査でフライト待ちしている間、
航空会社は10分おきくらいにアナウンスをしてくれます。


「大変申し訳ございません。現在○○な状況です。・・・今しばらくお待ちください」

という説明なのですが、
1回目、2回目くらいは “おおっ?” と耳を傾けていた人々も
4回目、5回目くらいになると “・・・どうせ状況は改善してないんでしょ?” と
シラケたムードに変化していったように私は感じました。

つねづね「言葉には力がある」と考え
「適切な説明をすることで、相手の理解を求める姿勢を忘れてはいけない」
と肝に銘じている私ですが、
10分おきのアナウンスが果たして「乗客の安心」につながっているのか
それとも「焦燥感を募らせる」だけなのか?

確かに説明がなければ、余計にイライラする人だって増えるのかもしれませんが
う~ん・・・よく分からない。どうなんでしょ?


おかげさまで、たっぷり読書の時間をいただきました。
昨日買ったばかりの梅田望夫さんの「ウェブ時代 5つの定理」も読破。
一気に読みきってしまえるほど、エキサイティングな言葉のオンパレードだと感じました。
あと何回かは読み返すと思います。
・・・最近、どっぷりと梅田教(?)にハマっていることは“自覚”してます。
でも、いいものはいい!


また後日エントリを書きたいと思いますが、
きょうは皆さんに、この言葉を引用して購入をおススメしてみます。

Today, the world is very different, because each of you has the power
to get information about any subject in the world. And that is very, very different
from when I went to school. ------Sergey Brin

いま、世界は(以前とは)まったく違う。それは、君たち一人ひとりが
世界中のどんなことについても「情報を得る力」を持ったからだ。
私が学校に通っていた頃と、本当にまったく違う世界だ。
                   ――サーゲイ・ブリン(Google創業者)



※あと「将棋世界」4月号の勝又教授の最新戦法特集も
相変わらず明快で、とても勉強になりました。来月は続編があるそうで今から楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/03/14 23:22】 | ます☆ぶろ研究室    (マスコミ・ウェブ論考) | トラックバック(0) | コメント(0) 
tags:

<<「インターネットに強い」はアピール材料になるか | ホーム | 1ドル100円割れに報道は何ができるのか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※SECRETモードを使う際のお願い(お読み下さい/別ウインドウで開きます)

トラックバック
トラックバックURL
http://anaguma1.blog98.fc2.com/tb.php/90-75f360a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。